ホーム > セミナー > 2013/11/29実施済セミナー資料請求 【大阪】医療・介護・ヘルスケア分野のエリアマーケティング講座 ~エリアマーケティング事例と分析の切り口・データの見方をわかりやすくご紹介~

セミナーのご案内

2013/11/29実施済セミナー資料請求 【大阪】医療・介護・ヘルスケア分野のエリアマーケティング講座 ~エリアマーケティング事例と分析の切り口・データの見方をわかりやすくご紹介~

  GIS(地図情報システム)によるエリアマーケティングは、これまで小売・流通分野で広く利用されてきました。医療・介護分野においても近年その分析ニーズと実践例が増えており、本セミナーでは、GISのデモンストレーションを交えながら、医療・介護・ヘルスケア分野の事例やデータ分析の切り口・手法をわかりやすくご紹介します。

※本セミナーは満員御礼につき受付終了となりました。

 

開催日時

2013年11月29日(金)

14:00~16:30(13:45~受付)

梅田センタービル 16階 B会議室

会場

大阪市北区中崎西2丁目4番12号
JR大阪駅より徒歩10分/地下鉄・阪急梅田駅より徒歩7分

参加費

無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください

定員

30名

セミナー概要 PDF版

◆シニア対応と商圏計画


 少子高齢化で商圏の質が大きく変化しています。「都心部と郊外」「高齢者朝起き商圏と就業女性帰宅商圏」「都市型小商圏とシニアシフト」「地域力活性化」など、最新の分析キーワードと事例をご紹介します。


◆医療・ヘルスケア分野のエリアマーケティング


 地域包括ケアが目指す生活圏域における医療と介護の需給バランスを地図とデータで分析。今後益々拡大する予防分野において、ターゲットの定義と可視化を在宅医療、在宅介護の戦略マップを例にご紹介します。また、これからの病院経営に欠かせない病院の患者分析や自院と周辺病院との比較・機能評価手法についてもご紹介します。


 ◆ドラッグストアのエリアマーケティング


 ドラッグストアは薬剤から食品・化粧品まで何でも揃う日常生活に欠かせない小売業態のひとつです。それ故に、地域スーパーに対抗する小商圏対応ディスカウントストアを目指すのか?シニア対応店舗フォーマットにより調剤やセルフメディケーションに注力するのか?と、進むべき方向性・選択肢も店舗によって定義すべきです。
 本パートではシニア指数、慢性疾患患者データを用いて、店舗毎のポジショニングを明確にする分析手法・事例をご紹介します。


■ご注意事項■
・天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止する場合がございます。
・お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
・当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)