GIS活用事例

販促エリア最適化


販促戦略設計



セールやキャンペーン、新商品の告知など販促を行う際には、効果的な販促戦略の立案が重要です。
販促戦略を立案する際に様々なデータを用いることで、より精度の高い販促戦略の策定を行えます。

エリアの絞り込み

特定の店舗や施設までの移動時間圏を地図上に描き出し、販促を実施すべき地域(町丁目、市区町村、郵便番号、新聞販売店エリア)を抽出することができます。 ポスティング広告など、エリアに基づいたプロモーションを行う際に、手軽に対象地域を選抜することが可能です。

エリアの絞り込み
ターゲット層の多い地域を検索

ターゲット層の多い地域を検索

販促エリアの設定後、販促戦略に応じて配布地域の優先度を決定します。 様々なデータを用いることで、より効率的にターゲット層へ訴求しやすい地域を選定します。 ファミリーの多い地域や、富裕層の構成比率が高い地域など目的に応じてターゲットの「質」と「量」を加味したエリアの検索が可能です。

販促のPDCA

販促戦略は、顧客分析やアンケート調査等のレスポンスデータと組み合わせてPDCAサイクルを回していきます。 レスポンスデータと様々なデータを掛け合わせることで、質の高い販促戦略の立案・実行へ繋がります。

販促のPDCA
      

Plan 販促計画

アプローチを掛けたいターゲット像から、配布エリアの選定を行います。 ターゲット層のボリュームが一定以上あるエリアなど条件に該当するエリアだけを抜き出し、配布エリアとして決定します。 エリア別の人口動態だけでなく、地域ごとの興味関心や居住者特性からマッチする条件で設定できます。

Plan  販促計画
Do  実行

Do 実行

選定した配布エリアの一覧をエクスポート・共有できます。 町丁目や郵便番号など、お好みの単位でリスト化することですぐに実行に移すことができます。

Check 効果検証

計画に基づいて配布後、レスポンスなど効果検証・測定が重要となります。 レスポンスデータやGPSデータをインポートすることで、反響率の高い地域の特性を分析することが可能です。 富裕層の多い地域での反響率が高い、一人暮らしの構成比率が高い地域で反響率が高いなどの結果から、顧客の特徴を掴めます。

Check  効果検証
 
Act  販促計画の見直し

Act 販促計画の見直し

効果検証・測定の結果を基に、広告配布エリアの再選定・キャンペーンのコンセプトの見直しを行います。 また、結果から得た知見は新規顧客の発掘や出店候補地の選定等、幅広く活用することが可能です。 たとえば、30代男性をターゲット層として設定していたが、反響率が高いのは50代男性という結果が出た為、次回は50代男性の多いエリアに配布するなど、改善案を考案できます。



まとめ
販促戦略設計を体系的に実行することで、ナレッジを蓄積しつつ、より効果的な販促を実施することができます。

 

製品一覧



導入事例



お問い合わせ

03-5362-3955

受付時間/9:30〜18:00 ※土日祝祭日を除く
無料WEBセミナー
75分でわかる! 無料WEBセミナー