GIS活用事例

リテールサポート

最近は店舗や施設を持たないメーカー・卸売企業がリテールサポートという形で市場分析・予測をご提案し、最適な売場環境へと図る動きが一般化しています。現場での営業活動のほか、多店舗展開されているクライアントへのご提案方法をご紹介いたします。


ご提案の流れ



自社製品の販売促進を行うために、商圏分析を駆使して裏付けのある提案を行うことがきわめて重要です。
当社エリアマーケティングソリューションを駆使すれば、クライアントの状況をふまえて、
最適な売場づくりや顧客ターゲットの設定、販促施策を提案することができます。


単店舗分析



担当営業の方が店舗の商圏情報や競合店、POSデータを活用し、最適な品揃えや販促戦略へと活かせる基本的な分析手法をご案内いたします。

Excelレポート

指定した商圏のマーケット情報をわかりやすくまとめたレポートを自動出力する機能です。 グラフで商圏の性質や自社ターゲットのボリュームを確認できるため、居住者の特徴をスピーディーに分析することができます。
MarketAnalyzer™ KDDI Location Analyzer

MIP®|Marketing Intelligence Platform

さらに提案スピードを上げていくため、ブラウザ上で簡単な操作で商圏情報を取得することができます。
また、最新のチェーン店舗の位置情報を地図上にプロットできるため、周辺の競合情報を可視化してご提案いただけます。
Marketing Intelligence Platform


三角図/比較分析

単店の分析だけでは、比較軸がなく店舗の特徴を掴みづらいというケースもあるかと思います。
Excelレポートでは、クライアントのベンチマークとなる店舗と比較して、○○店はどの位置にあたるのかカスタマイズすることも可能です。※詳しくはExcelレポートをご覧ください。
MIPでも比較対象のチェーン単位または店舗単位で、カテゴリ毎の消費傾向や人口特性の構成比を様々なグラフで可視化することができます。これらを基に、より説得力のある棚割り提案にご活用いただけます。

グラビティモデル分析機能

クライアントまたは周辺に競合店舗が出店する際の売上を予測することができます。予測することで、棚割り施策の見直しや販売促進に役立てます。
「お客者はより近く・より魅力的な店舗に来店する」という考えを元に、距離(直線・道のり・運転時間)と魅力値(売場面積・駐車場台数・ブランド力)から店舗の吸引力を算出します。

※グラビティモデル分析機能はオプションです。
MarketAnalyzer™

KDDI Location Analyzer

auスマートフォンの位置情報データを用いて店舗周辺の滞在人口や通行人口、店舗来訪者を時間帯別・属性別(年齢・性別・居住者/勤務者/来街者)に分析できる機能。
Webブラウザーでの分析が可能なため、商談中にクライアント店舗の周辺情報をその場で取得・可視化することができます。
KDDI Location Analyzer


応用編(グラビティモデル分析機能✕KDDI Location Analyzer)

理論上の吸引力を算出するグラビティモデル機能と実際に店舗に来訪した人を集計するKDDI Location Analyzerを組み合わせ「予測と実績のギャップ」を分析することで、グラビティモデルの予測精度を飛躍的に上昇させることができます。

また、KDDI Location AnalyzerのデータをMarketAnalyzer™に連携させることによって、「予測と実績のギャップ」があったエリアの特徴を分析することも可能です。
MarketAnalyzer™

      


まとめ
Excel形式のレポートやWebブラウザーのシステムをご利用いただくことで、商圏調査の作業時間を短縮しながらも、説得力のある営業活動に繋げて
いただくことができます。

 

複数店舗分析



複数店舗のデータを取得し、分析対象の店舗と比較分析を行うことによって、店舗の特性をより際立てて評価・説明することが可能となります。

相関分析(POS分析)

商品の販売に影響する指標を導き出すことで、施策の立案につなげられます。
たとえば、店舗の実績値(POSデータ)と商圏データ各項目との関係性の有無を検証することで、ターゲットとすべき顧客を多くかかえる店舗を導き出します。

スコアリング

店舗の特性を明らかにするには、比較分析が不可欠です。本機能では様々なデータを見比べることもできますが、総合指標を作り、単一的にポテンシャルを評価したり、多角的にレーダーチャートを簡単に作成することで、視覚的にわかりやすく比較分析を実行できます。
MarketAnalyzer™

KDDI Location Analyzer
(複数店一括集計)

公的統計や店舗属性情報だけでなく、GPSデータによる平日/休日・時間帯別・性年代別人口から上述のスコアリングやクラスター分析を行うことによって、よりリアルな分析結果を導き出すことが可能となります。
KDDI Location Analyzer

 

応用編(クラスター分析機能)

店舗ごとの統計情報や属性情報を加味して店舗を分類する機能です。ビジネス街型店舗/ニュータウン型店舗/学生街型店舗などを分類することによって、店舗分類ごとの評価や施策立案が可能となります。

※クラスター分析機能はオプションです。
MarketAnalyzer™

      


まとめ
複数店舗を比較・評価することによって、より具体的で説得力のある提案が可能となり他社との差別化に繋げることができます。

 

製品一覧



導入事例



お問い合わせ

03-5362-3955

受付時間/9:30〜18:00 ※土日祝祭日を除く
無料WEBセミナー
75分でわかる! 無料WEBセミナー