ホーム > 商圏分析 用語集 > 商圏分析 *

商圏分析 *

商圏分析とは、店舗の集客範囲(商圏)を設定し、その範囲における情報を収集し、収益性を考察する分析手法です。
出店、リロケーション、チラシ広告、品揃えなどを検討する場面で行われています。
商圏分析を行うにあたっては、空間要素や多くのデータを使用するため人手や時間が必要でしたが、地図情報システム(GIS)により、安価で効率的に行えるようになりました。

商圏 エリアマーケティング

 

新規出店時の商圏調査

出店候補地を指定し、来店可能な範囲を商圏という形で定義します。単純な円形だけではなく、顧客の来店手段(自動車、徒歩、電車など)によってもシミュレーションできます。その中のマーケット特性やターゲットボリュームを数クリックで把握することができます。図は自動車10分圏内の人口分布(緑色が濃いエリアは人口が多い)と、GISで自動作成できる商圏調査レポートのイメージです。

売上予測

出店した場合の売上を予測する統計解析的な機能もGISには搭載可能です。様々なモデル式がありますが、ハフモデルや重回帰分析に取り組む企業が多いです。経験と勘だけではなく、客観的なデータやエビデンスに基づく判断を行います。

エリア販促の最適化

ターゲットに合わせて販促媒体を投下するエリアと媒体を組み合わせる分析も可能です。図は店舗の顧客分布とシェアから優先的に販促するエリアを定義し、地域の年齢特性から中高年齢層の比率が高いエリアには折込チラシを、若年層の比率が高いエリアにはオンライン広告を配信する分析をしたアウトプットイメージです。

リアル行動ターゲティング

今ここにいる人、よくここに来る人だけにメッセージを送ったり、そのようなデータを蓄積しエリア特性を導き出す取り組みが増えています。図は某商業施設に来場した人の居住地を推定した地図です。顧客データがなくても来店分布がわかります。

 

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)