ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 業界別GIS(地図情報システム)活用事例 > レジャー・サービス業の商圏分析・エリアマーケティング事例

レジャー・サービス業の商圏分析・エリアマーケティング事例

レジャー、サービス産業での商圏分析・エリアマーケティングにおいて、消費者の趣味趣向を的確にとらえ、ターゲットボリュームと分布を分析する様々な取り組みが増えています。

シネマコンプレックスの商圏分析

競合の影響を最小限に抑える立地戦略

ドーナツ商圏作成機能

商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™シリーズ」には、ドーナツ商圏作成機能が標準搭載されています。
単純に自施設を中心に半径◯◯km圏のマーケットを分析するのではなく、例えば半径2km~3kmの間だけを商圏とし分析するというものです。

分析テーマ

ドーナツ商圏作成機能を用いて、競合が自施設の近隣に進出してきた場合、影響を受ける商圏と受けない商圏とはどういうものかというテーマで分析しました。

競合の影響を受ける商圏特性とは

結果として、自施設の足元にターゲット指標である商業集積がある場合、足元商圏の外側に競合が進出してきても大きな影響は受けないが、自施設の足元商圏の更に外側に商業集積がある場合、そこに競合が進出すると影響を受けるということがわかりました。

スポーツクラブのシニアマーケティング

健康寿命を延ばすというのは国も推進する少子高齢化時代のテーマです。スポーツクラブ業界では、従来の若者・ニューファミリーだけではなく、アクティブシニア層を意識した戦略をとっている企業も多いです。

高齢者分布と高齢者比率

基本的なシニアマーケットの捉え方として、国勢調査データから得られる65歳以上の人口の分布イメージをご紹介します(左側の地図)。板橋区、町田市、八王子に高齢者が多いことが一目瞭然です。一方、右側の地図は65歳以上人口の構成比を表したものです。濃い緑色を表す地域が65歳以上の人口割合が特に多いところで、構成比は25%以上です。東京の西の方が比率として多く、また、都心においても足立区、荒川区、北区に出現していることがわかります。

スポーツ嗜好性が高いシニアはどこにいるのか?

アクティブシニアの切り口で消費嗜好性を分析します。国勢調査には「あなたの趣味はなんですか?何を消費していますか?」という調査項目はありません。そこで、自社の顧客アンケートデータを居住者プロファイリングデータの居住特性クラスターごとに集計するプロファイリング分析手法を用いて、シニアでスポーツ嗜好性が高いエリアをターゲットエリアとして定義します。

導入実績2,000社以上を誇る商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)

MarketAnalyzer™
全てのラインナップのベースとなるエリアマーケティングGISのスタンダードモデル

データベースラインナップ
市場やターゲットを知るエリアマーケティング用データベースラインナップ

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)