AREA MARKETING LAB

エリアマーケティングラボ 〜業界の最新動向〜

オルタナティブデータ

オルタナティブデータとは

政府や企業が公式に発表する統計データや決算データ(トラディショナルデータ)以外の外部情報でIoT機器やSNS、衛星画像等から得られる非伝統的なデータ。もともと、金融業界で使用されていた用語で、主に投資家がインサイトの発見や投資判断のために活用されるデータを指します。

エリアマーケティングでの活用

エリアマーケティングでも利用が進み、GPS位置情報やPOSデータ等のオルタナティブデータをGIS(地図情報システム)に取り込み、さまざまな情報を地図上に可視化することで、店舗への来客や売上の予測、競合店舗分析などに活用される事例も増えています。

オルタナティブデータ活用のメリット

誰もが入手可能なトラディショナルデータとは異なり、多種多様なオルタナティブデータは独自の視点での分析が可能になるメリットがあります。また、リアルタイムに入手できる情報もあり、鮮度の高いデータを可視化し、迅速な意思決定につなげられる点も大きな価値と言えます。

▶オルタナティブデータのビジネス活用「MarketDiscovery™」
https://www.giken.co.jp/products/marketdiscovery/

▶セミナー資料ダウンロード
オルタナティブデータのエリアマーケティング活用について(2019年9月実施)
https://www.giken.co.jp/past_seminar_document_request/?seminar_id=34604