セミナー情報

\ 名古屋開催 /
GISを用いたチェーン企業の売上予測
~AI、重回帰、ハフモデル、様々な切り口をご紹介~

\ 名古屋開催 /<br>GISを用いたチェーン企業の売上予測<br>AI、重回帰、ハフモデル、様々な切り口をご紹介

技研商事インターナショナルでは、商圏分析・マーケティングに関する最新動向や分析手法・事例を紹介するセミナーを定期開催しています。
GIS(地図情報システム)による商圏分析・エリアマーケティングは、小売や飲食の多店舗展開のチェーン企業において、国内では約30年前から取り組まれています。
その用途として多いのは、店舗開発における出店戦略です。分析の目的としては出店候補地の売上予測をゴールに据えている企業も多くいらっしゃいます。
今回のセミナーは、リアル会場にて、地図とデータベース、GISを用いたチェーン企業の売上予測について、じっくりとお話します。
既に取り組まれている企業様、これからの企業様両方にお役に立てる内容でお届けします。
皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。


※リアル会場(ウインクあいち)でのセミナーです。オンライン形式ではございませんのでご注意ください。

こんな方にオススメ
  • チェーン企業の店舗開発担当者様
  • GIS(地図情報システム)活用企業様
  • 商圏分析、エリアマーケティングに興味がある方
開催日時 2024年06月27日(木)
14:00~16:00(13:45~受付)
会場 ウインクあいち 会議室1304
愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
愛知県産業労働センター
参加費 無料 ※当日はお名刺1枚をご持参の上、受付までお越しください。
定員 48名 ※お手数ですが、お一人ずつお申し込みください。事前にお申し込みがない場合、入場をお断りいたします。

講演内容

講師:技研商事インターナショナル株式会社
   執行役員 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント 市川 史祥

第0部:GIS(地図情報システム)による商圏分析

まずは、はじめての方向けに地図とデータを使った商圏分析についてご紹介します。

本パートでご紹介する内容
・ご挨拶、会社紹介
・GIS(当社MarketAnalyzer®5)デモンストレーション
・売上予測のためのデータの型

第1部:チェーン企業の売上予測とAIの活用

既存店の売上とその属性情報(売場面積や席数など)、商圏データ(店舗周辺の人口統計)をAIに学習させ、従来精度が悪かった売上予測モデルをブラッシュアップするという取り組みが加速しています。
AIによる売上予測も利用企業側、提供するベンダー側、それぞれ出揃った感じがしますが、その世界観を俯瞰してみます。

本パートでのキーワード
・AIによる売上予測の世界
・どんなステップがあるのか?どんな仕組みがあるのか?
・結局は経験と勘も大きな要素
・AIの前にやるべきこと

第2部:様々な売上予測モデル

店舗出店時の売上予測モデルはひとつではありません。
同じ業界でも企業によって全く異なるロジックで運用している場合も多いです。
AIにしても何にしても投入するデータの処理テクニックについてもご紹介します。

本パートでのキーワード
・重回帰分析
・ハフモデル分析
・類似店検索

講師プロフィール

市川 史祥

技研商事インターナショナル株式会社
執行役員 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント

1972年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。不動産業、出版社を経て2002年より技研商事インターナショナルに所属。 小売・飲食・メーカー・サービス業などのクライアントへGIS(地図情報システム)の運用支援・エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。
医療経営士/介護福祉経営士
流通経済大学客員講師/共栄大学客員講師
一般社団法人LBMA Japan 理事
ロケーションプライバシーコンサルタント

ご注意事項
  • 天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止させていただく場合がございます。
  • 本セミナーは事前申込が必須です。お申込みが無い場合、参加をお断りします。
  • 同業他社および個人の方のお申込みはお断りします。
  • 当社の判断によりセミナーへのご参加を理由のご説明なくお断りする場合がございます。
  • お申込状況によって1社あたりのご参加人数を調整をさせていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。