セミナー情報

【愛知】空間データ分析も民主化の時代へ
~全社で活用できるBIツールとその運用~

技研商事インターナショナルでは、商圏分析・エリアマーケティングに関する最新動向や分析手法・事例を紹介するセミナーを定期開催しています。今回は、株式会社truestarのマネージングディレクターの藤様をお迎えしてBIツールを活用したビッグデータ分析について講演いただきます。  藤様は「データビジュアライゼーションの教科書」の著者(共著)でもあります。この貴重な講演の機会をお見逃しなく!満員御礼が想定されるセミナーです。早めのお申込みをおすすめします。

こんな方にオススメ
  • 最新のデータ分析、マーケティング手法を知りたい。
  • 住所や位置情報はあるが有効活用できていない。
  • BIツールやGISの具体的な分析環境を探している方。
開催日時 2019年08月22日(木)
14:30~16:30(14:15~受付)
会場 ウインクあいち 会議室1302
愛知県産業労働センター 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
  • JR名古屋駅桜通口からミッドランドスクエア方面 徒歩5分
  • ユニモール地下街 5番出口から徒歩2分
参加費 無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください。
定員 50名 ※事前申込みは必須です。申込みがない場合は入場をお断りします。
セミナー概要 PDF版

講演内容

第1部:BIツールを活用した空間分析とその視覚化

株式会社 truestar はデータ分析を軸としたコンサルティングサービスを幅広い業種・部門に展開しています。 2013年にビジュアライズ系BI のTableau(タブロー)、2014年にデータサイエンス系BIで空間分析に強い Alteryx(アルテリックス)の導入を行い、企業の分析業務の技術向上や効率改善の支援を行っています。

本パートでは、BIツール Tableau や Alteryx を用いた空間分析の具体的なプロセスに加え、分析から得られるインサイトをより幅広い層に伝えるための効果的なビジュアライゼーション方法についても解説します。

第2部:BtoCビジネスにおけるGIS(地図情報システム)の活用手法と事例

GIS(地図情報システム)は国内では約30年前から活用されています。店舗の出店時の商圏調査や既存店への来店誘導のためのエリア販促まで、市場ボリュームやターゲットを示す各種統計データと自社データを組み合わせて意思決定の判断基準を導き出すものです。

本パートでは商圏分析GIS「MarketAnalyzer™」のデモンストレーションをはじめ、具体的な分析手法と事例を、最新ソリューションやデータのご紹介・活用も交えてわかりやすく解説します。

講師プロフィール

藤 俊久仁 様

株式会社 truestar
マネージングディレクター

2002年 東京工業大学理学部卒業。マーケティングコンサルタント、スポーツアパレルのマーチャンダイザーを経て、2011年から株式会社 truestar に加わり、データ分析や戦略コンサルティング業務に従事。現在はコンサルティング事業を統括。共著書『データビジュアライゼーションの教科書』(秀和システム)。

市川 史祥

技研商事インターナショナル株式会社
執行役員 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント

1972年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。不動産業、出版社を経て2002年より技研商事インターナショナルに所属。小売・飲食・メーカー・サービス業などのクライアントへGIS(地図情報システム)の運用支援・エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。

ご注意事項
  • 天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止させていただく場合がございます。
  • 本セミナーは事前申込が必須です。お申込みが無い場合、参加をお断りします。
  • 同業他社および個人の方のお申込みはお断りします。
  • 当社の判断によりセミナーへのご参加を理由のご説明なくお断りする場合がございます。
  • お申込状況によって1社あたりのご参加人数を調整をさせていただく場合もございます。あらかじめご了承ください。