セミナー情報

2018/11/21実施済セミナー資料請求
【東京】《ユーザー様限定》MarketAnalyzer™
徹底活用セミナー
~店舗分析の基本と応用~

 技研商事インターナショナルでは、商圏分析・エリアマーケティングに関する最新動向や分析手法・事例を紹介するセミナーを定期開催しています。今回は「店舗分析」がテーマです。チェーン店舗では1店舗・単店を分析するのではなく、チェーン店舗全体を俯瞰した分析を行い判断基準やしきい値を定義することが重要です。 本セミナーではMarketAnalyzer™の標準機能で可能な基本的な分析手法から、最新のGPS位置情報データを用いた分析まで、デモンストレーションを交えてわかりやすく解説します。皆様のご参加をお待ちしております。

こんな方にオススメ
  • MarketAnalyzer™ユーザー様
  • 最新の分析手法や事例を知りたい方
  • 現状のGISの活用をもっと高度化したい方
  • 商圏分析の基本と応用を知りたい方
開催日時 2018年11月21日(水)
14:30~ 17:00 (14:15~受付)
会場

東京国際フォーラム G405会議室

・JR有楽町駅より徒歩1分

・JR東京駅より徒歩5分

参加費 無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください
定員 42名 ※事前にお申し込みがない場合、入場をお断りいたします
セミナー概要 PDF版

講演内容

第1部:【基本編】チェーン店舗全体を俯瞰する分析方法

講師:技研商事インターナショナル株式会社
   執行役員 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント 市川 史祥

単店の商圏分析方法をおさらいしつつ、チェーン店舗全体との比較についてデモンストレーション形式で解説します。

  1. 全店舗に商圏データを一括集計する方法
    • 標準搭載機能を用いて店舗の属性に商圏データ(1㎞圏内人口など)を一括で付与する方法をご紹介します。
  2. 店舗の商圏データを俯瞰する分析方法
    • 売上と商圏ボリュームの散布図の作成、売上と商圏データとの相関関係
      複数指標を用いた店舗ランキング、商圏構造が類似する店舗の抽出

第2部:【応用編】競合の影響を加味した商圏内吸引力の算出

講師:技研商事インターナショナル株式会社
   マーケティングソリューション営業部 カスタマーインサイツ課 主任 村田 悠輔

店舗の商圏ボリュームを知る際、競合店舗の影響を加味した実質的な吸引人口を算出することが重要です。本パートではハフモデルを用いて実際の商業施設の分析試行を行います。併せてスマートフォンのGPS位置情報を分析する新機能「PPLAライフエリア分析機能」による商業施設の実態の来店分布とハフモデル分析の結果を比較します。

  1. グラビティモデル(ハフモデル)分析とは?
  2. 商業施設の吸引力分析試行
  3. GPS位置情報を用いた来店者分布との比較分析

第3部:より活用するために押さえておきたい基本操作

講師:技研商事インターナショナル株式会社
   技術開発部 カスタマーフォーカス課 係長 乙幡 宏之

本パートでは、ユーザー様向け運用支援のエキスパートが、これまでヘルプデスクサポートで培った中から、押さえておくべき分析課題と具体的操作方法をわかりやすく解説します。

操作ご担当者だけでなく、マネジメント層にも参考になる内容です。講演資料は操作マニュアルとなっていますので、自社ですぐに実践可能です。