GIS活用事例

小売・流通・飲食店

小売・流通業のGIS(地図情報システム)の活用例は、新規出店時の商圏調査から、既存店の分析、リロケーション、売上予測などと多岐にわたります。

新規出店時の商圏調査

商圏の設定

自動車、徒歩、自転車、電車など想定される来店手段によって商圏をシミュレーションします。

左の図の青いラインは出店候補地から自動車10分圏を表しています。商圏分析用GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™」は、国土交通省の交通センサスデータを標準搭載しているので、実際の渋滞や信号待ちを加味したドライブタイム商圏の設定ができます。

商圏内の
マーケットボリュームの把握

全国網羅された小地域単位(メッシュや町丁・字等)のデータを、商圏単位で集計します。複数店舗・複数候補地でも高速集計が可能なので、既存店の商圏ボリュームに対して新規出店候補地の商圏ボリュームと比較することが容易です。

商圏調査レポートの
作成

分析結果は数クリックでExcel形式の商圏調査レポートとして自動作成できます。搭載するエリアマーケティングデータに応じて様々なテンプレートをご用意しています。

売上予測

売上予測を行う時は、商圏と競合店の状況、過去実績を元に今後の売上を予測します。
売上予測には大まかに重回帰分析、ハフモデル(グラビティモデル)、類似店検索の3つの方法があります。目的に応じて適切な方法を選んで売上予測シミュレーションを行います。

出店余地エリアの
検索

マーケットボリュームが大きく、競合の影響が少ないエリアはどこか?出店余地エリアランキング機能でポテンシャルの高いエリアを検索表示することができます。

データ仕様

ドミナントエリアの確認

右の図は既存店の商圏範囲と世帯数分布を重ねたイメージです。商圏の重なり具合が一目で確認できます。
ターゲットが多く、既存商圏でカバーできていない地域にドミナント出店する場合もあります。

既存店舗の
ポジショニング把握

既存店の属性に商圏データを一括集計し、売上実績と商圏ポテンシャルで各店舗のポジショニングを確認します。右下にある店舗群はマーケットボリュームが大きいにも関わらず、売上実績が低い店舗ということを表します。

マーチャンダイジング

マーチャンダイジングを分析する時は、似たグループの中での特異な売上パターンの発見が鍵。
客層の似た店舗は売上パターンも似通ってくるはずですが、それが違う場合はマーチャンダイジング(棚割)に問題がある可能性があります。既存店をグループ化(クラスタリング)し、最適な品揃えを検討します。

販売促進

販売促進を分析する時は、商圏を小エリア分割し、居住者特性と既存顧客リストとつきあわせます。
販売促進活動の費用対効果を上げるためには、狙いを絞って最も効果的なセグメントに最も適切な手段でアプローチする必要があります。その分析をするために既存顧客リストと地理情報をつきあわせます。

お問い合わせ

03-5362-3955

受付時間/9:30〜18:00 ※土日祝祭日を除く