セミナー情報

2018/12/7実施済セミナー資料請求
【大阪】エリアマーケティング戦略講座
~2018年の最新トレンドを総まとめ~

 技研商事インターナショナルでは、商圏分析・エリアマーケティングに関する最新動向や分析手法・事例を紹介するセミナーを定期開催しています。今回は本年実施したセミナーのうち、参加者アンケートで好評だった内容を厳選して、GIS(地図情報システム)を活用した商圏分析・エリアマーケティングの手法や事例、最新動向を総まとめとしてご案内します。来年以降の貴社の戦略立案時の参考としてわかりやすく有益な情報を提供します。是非ご参加ください。

こんな方にオススメ
  • 店舗開発、販売促進、経営企画、マーケティング担当者様。
  • 自社データと外部データを組み合わせた分析がしたい。
  • エリアマーケティングに新しい分析軸を取り入れたい。
  • 最新の商圏分析手法や業界動向の情報がほしい。
開催日時 2018/12/07
14:00~16:00(13:45~受付)
会場

ナレッジキャピタル カンファレンスルーム C06(グランフロント大阪 北館 タワーC 8階)

大阪府大阪市北区大深町3-1

JR大阪駅/地下鉄・阪急梅田駅より徒歩3分(グランフロント内)

参加費 無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください
定員 40名 ※事前にお申し込みがない場合、入場をお断りいたします。
セミナー概要 PDF版

講演内容

第1部:商圏分析・エリアマーケティングの基本と応用

GIS(地図情報システム)を用いた商圏分析、エリアマーケティングは国内では約30年前からスタートしたと言われています。出店やエリア販促などの課題解決のために、企業が培った経験と勘だけではなく、客観的なエビデンス、データに基づいた意思決定に活用されてきました。本パートでは従来からの基本的な分析手法、活用するデータをご紹介することで改めてGISによる商圏分析を知っていただきます。

  1. 商圏分析の基礎
    • GIS(地図情報システム)とは?
    • 商圏データの読み取り方(居住者、勤務者、買い物者)
    • 競合の影響を加味する商圏分析(ハフモデル)
  2. 自社データと外部データを組み合わせた分析
    • チェーン企業の店舗分析手法と事例
    • 顧客データを用いた実商圏の把握と顧客プロファイリング
    • 統計解析を用いた高度な分析(相関、重回帰、クラスター)

第2部:エリアマーケティングの新潮流

デジタル世界の進化によって、エリアマーケティングに活用できるデータベースも拡大しています。本パートでは、質・量ともに増加しているスマートフォンから得られるGPS位置情報を活用した分析や、インターネットブラウザの閲覧履歴から地域ごとの興味・関心を分析するデータベースとその活用について解説します。

  1. 地域ごとの興味関心を知るサイコグラフィック分析
    • 興味・関心データベースとは?(AudienceOne®)
    • 居住者プロファイリング手法
    • デモグラフィック分析×サイコグラフィック分析
  2. GPS位置情報を活用してできる新しい商圏分析
    • GPS位置情報業界の相関図
    • GPSによってできる新しい分析の切り口
    • 商圏データの読み取り方(居住者、勤務者、買い物者)

講師プロフィール

市川 史祥

技研商事インターナショナル株式会社
執行役員 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント

1972年東京生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。不動産業、出版社を経て、2002年より技研商事インターナショナルに所属。小売・飲食・メーカー・サービス業などのクライアントへGIS(地図情報システム)の運用支援・エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。