セミナー情報

2019/5/15実施済セミナー資料請求【東京】《ユーザー様限定》MarketAnalyzer™徹底活用セミナー ~自社データをGISで活用しよう~

≪ユーザー様限定セミナーです!≫
技研商事インターナショナルでは、商圏分析・エリアマーケティングに関する最新動向や分析手法・事例を紹介するセミナーを定期開催しています。本セミナーはGIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™」ユーザー企業様限定です。活用の幅を広げるための最新手法や事例のご紹介と、実際の分析に役立つ操作面の解説も行います。ご好評につき、会議室の広さも拡大しました。毎回満員御礼となっております。皆様の奮ってのご参加とお早めのお申込みをお待ちしております。

こんな方にオススメ
  • MarketAnalyzer™ユーザー様
  • 最新の分析手法や事例を知りたい方
  • 現状のGISの活用をもっと高度化したい方
  • 商圏分析の基本と応用を知りたい方
  • 開催日時 2019/05/15
    14:30~17:00(14:15~受付)
    会場 東京都千代田区丸の内3-5-1
  • JR有楽町駅より徒歩1分
  • JR東京駅より徒歩5分
  • 参加費 無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください。
    定員 60名 ※事前にお申し込みがない場合、入場をお断りいたします。
    セミナー概要 PDF版

    講演内容

    第1部: 店舗データをGISで活用

    講師:執行役員 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント 市川 史祥/

    自社店舗データに商圏データを紐付けることによってチェーン全体を俯瞰し、店舗施策したり出店基準を策定したりします。本パートでは自社や取引先の店舗データとGISに搭載されている様々なデータを組み合わせる分析手法や事例を紹介します。

      • 店舗データに商圏データを紐付ける方法
      • 売上に貢献する指標を見つけ出す(相関分析)
      • 出店余地エリアの策定(出店余地エリア検索、類似店分析)
      • GPSの位置情報データの活用
      • データラインナップのリリース予定

    第2部:顧客データをGISで活用

    講師:マーケティングソリューション営業部 アクセラレートデジタル課 主任 高橋 力/

    会員カードやポイント制度などによって、今やほとんどの企業が顧客データを保有しています。GISに顧客データをインポートするだけで店舗の実商圏が見える化できます。本パートではさらに既存店舗への集客、エリア販促の最適化までをテーマに解説します。

      • 顧客分布から見えてくること(実商圏の把握)
      • 地域ごとのシェアを把握する
      • 自社の顧客をプロファイリングする
      • 店舗と顧客の距離関係

    第3部:自社データを活用する具体的・基本的操作方法

    講師:技術開発部 カスタマーフォーカス課 係長 乙幡 宏之/

    MarketAnalyzer™を毎日活用いただいている企業様でも、分析が固定化され、まだまだ知らない便利機能が多くあるようです。本パートでは改めて自社データを分析する基本操作について解説します。講演資料は操作マニュアルとしてもお使いいただけます。

      • 店舗、顧客データをインポートする操作
      • インポートしたデータの地図上での様々な表現
      • 顧客データと統計データを重ね合わせ地域シェアを知る(ポイント集計ウィザード機能)