GEO DATA

ターゲットを地図上に可視化する​
GEOデータラインナップ

データ概要

居住地、従業地だけではなく、商業立地を分析し、
商業集積度合いを測るのに欠かせない基礎的統計データです。
経済産業省が5年に2回調査しており、最新版は2014年版です。主な収録項目として、
業種別、従業者規模別、年間販売額階級別、売場面積規模別、事業所開設年、産業別、
業態別それぞれの事業所数、従業者数、年間販売額、売場面積を収録しています。

活用事例

商業力指数

商業力指数は地域・商圏の商業力を知る指標です。
【計算例】
「商業力指数=(小売業年間商品販売額 ÷ 夜間人口) ÷ (全国小売業年間商品販売額 ÷ 全国夜間人口)」となります。
MarketAnalyzer™の商圏調査レポート自動作成機能を用いて任意の商圏範囲の商業力指数を都道府県と比較しながら出力することもできます。左の図は東京都内主要駅のそれぞれ徒歩10分圏内の商業力指数で色分けしたものです。

商業人口

夜間人口や昼間人口では捉えることができない、“消費者(購買者、買い物客)の流れ”を表した“第3の人口“で、商業集積の高い立地・人が多く集まるところを出店・販促ターゲットにする場合に役立ちます。
商業人口データは本商業統計データに収録されているデータ項目で、当社が独自に開発したものです。夜間人口、昼間人口、商業人口を比較することによって、商圏がどのような立地特性なのかを判別することができます。詳しくはこちらから。

商圏密度

商業施設などで多く用いられる分析手法です。
商圏密度(坪/人)=[売場面積(㎡)×0.3025] ÷ 人口
商圏密度が高いと商業集積度合いも高い傾向があります。都心や近郊、郊外の順番で1人あたりの密度が低くなります。密度が低くなると商圏を広く設定できます。

売場効率

食品スーパーなどで多く用いられる分析手法です。
売場効率(万円/坪)=年間販売額 / [売場面積(㎡)*0.3025]
一般に、店舗数の少ない場所は坪効率も低く、たくさんの店舗が集まっている場所は坪効率も高くなる傾向にあります。

販売員効率

アパレルなどで用いられる分析手法です。
販売員効率(万円/人)=年間販売額/従業者数
売場面積に販売額が比例しない場合の分析指標として、商業集積地の買回り品傾向を分析するために使用します。

データ仕様

出典 経済産業省
データ形式 テキスト(CSV)形式またはTactician(弊社エリアマーケティングGISエンジン)フォーマット
データ集計単位 1kmメッシュ/500mメッシュ/郵便番号界
データ収録エリア 全国版/地方版
搭載項目 【項目一覧】2014年商業統計メッシュ[266KB]
地方版対象エリア 収録都道府県
北海道 北海道
東北 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/山梨
中部 長野/岐阜/静岡/愛知/三重/新潟/富山/石川/福井
近畿 滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
中国・四国 鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
九州・沖縄 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

価格

ライセンス購入 サブスクリプション
(年間利用)
通常価格 450,000円
MarketAnalyzer™
での利用価格
300,000円 60,000円/年
  • ※本ホームページに掲載されている価格は税別価格です。別途消費税を申し受けます。
  • ※本ホームページに掲載されている情報は2017年9月現在のものです。予告なく変更する場合がございます。
  • ※MarketAnalyzer™ユーザー向け価格は、1ライセンスの価格です。複数ライセンスの価格につきましてはお問い合わせください。
  • ※データの利用用途、形態によって価格が異なる場合がございます。詳しくはお問い合わせください。

関連データ