【大阪】時間帯・曜日別に変化する商圏を掴むエリアマーケティングとは? ~流動人口とGISを活用した新しいエリアマーケティング手法と事例をご紹介~  資料ダウンロード

 実施済のセミナー資料を無料配布しております。
エリアマーケティングのノウハウや活用手法・事例が満載です!!

商圏分析では、総務省統計局の国勢調査やリンク統計の「夜間人口」や「昼間人口」がこれまで多く活用されて来ました。しかしながら、立地や業態によっては休日・平日、時間帯別に人の滞留や流れを把握する必要があり、また、新しい施設等、いわゆるトラフィックジェネレーター(交通発生源)ができると人の流れは変化します。この変動する人口を的確に捉えることが、新規出店、売上予測、品揃えなど、チェーン企業において非常に重要です。今回は、「流動人口」とその活用をテーマに解説します。

2017/08/23実施済セミナー資料ダウンロード

◆第1部:GPS位置情報データによる最新の商圏分析

第1部資料(36.4MB)  

  

 

 

 

 

◆第2部:流動人口データとGISマーケティング

第2部資料(11.2MB)  

 

 

 

 

 ————————————————————-
■参考資料(国土交通省資料)

◯(通称)スターバックスインデックスはこちら

◯メッシュ別人口推計を活用した分析の展開はこちら
(※セミナーでご紹介した内容は41Pからです。)

 

製品・サービスに関するお問い合わせ/資料請求

導入検討のご相談、機能や仕様に関するご質問、カタログ(冊子)、事例紹介資料など、弊社製品・サービスに関する資料請求などはお気軽に以下からお問い合わせください。

 

button08_toiawase_01