ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 商圏分析結果の情報共有~商圏分析・エリアマーケティング事例

商圏分析結果の情報共有~商圏分析・エリアマーケティング事例

 商圏分析結果の情報共有を実現するクラウドプラットフォーム

 (MIP|Marketing Intelligence Platform)

情報共有プラットフォームが欠かせない理由

データは貴重なものですが、数字の並んだ表だけがあっても営業現場では役に立ちません。

営業現場で役に立つのは、「〇〇町〇〇丁目から徒歩10分圏内の年収階級別地域特性の色分けマップ」のように、個別の目的に沿って選択され、分析・可視化されたレポートです。
そのレポートのために適切なデータを選択し、分析を加えて可視化するという作業には、データを見る目をもった経験豊富なマーケターのIntelligenceが必要です。
そのIntelligenceの成果である「レポート」をスピーディに社内・社外に広く共有する仕組みがあってこそ、「データ」はその真価を発揮します。
そのために利用可能なプラットフォームが MIP®(Marketing Intelligence Platform) です。

 

情報共有プラットフォームに求められる機能(1)

複雑な操作体系や統計学を覚えずに使えること

データ分析・可視化のノウハウを営業社員に覚えさせ、自力で分析を行わせるのは現実的ではありません。分析業務は営業企画部門のマーケターが行い、営業現場ではそのレポートを利用するという役割分担がMIP®により可能になります。

情報共有プラットフォームに求められる機能(2)

使い始めるまでの手間がかからない

MIP®はブラウザベースで利用可能なためインストールの手間もかからず、マニュアルいらずの簡単な操作性で誰でもストレスなく使うことができます。

 

情報共有プラットフォームに求められる機能(3)

オンラインでスピーディに情報共有ができる

法人営業の商談現場で顧客に商圏分析の協力を求められた場合、その場でいくつもの仮説を立てて分析を行う必要があります。このような場合、分析結果をその都度Excelに出力して営業社員にメール添付で送るような仕組みでは数分のタイムラグが起きてしまい、貴重な商談時間の中では大きなストレスになります。オンラインで同じ画面を共有できれば、ストレスなく商談を進められます。

 

情報共有プラットフォームに求められる機能(4)

 社内インナーデータや他システムデータとの連携

データは「複数のデータをつないで加工する」ことによって価値を生みます。一般的な地理情報にとどまらず、市販の業界データ、社内インナーデータ等を取り込み、地理情報を付加・可視化して営業部門が使える形で提供することも、情報共有プラットフォームの重要な役割です。

 

MIP®|マーケティング インテリジェンス プラットフォーム

 MIP®は、インターネットブラウザ上で閲覧・分析できるクラウド型の商圏データ共有ツールです。店舗の商圏分析データを一元管理し、各階層・部門での意思決定の最適化を支援します。

 

MIP® |BASICパッケージ

MIP®のスターターパッケージ。MIP®ユーザーアカウントと商圏分析GIS「MarketAnalyzer™」を予めパッケージング。商圏分析結果の共有をスムーズに開始することができます。

 

 

 

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)