ホーム > データラインナップ > 推計データシリーズ > 流動人口データ

流動人口データ

株式会社Agoopが提供するスマートフォン向けアプリケーションからGPS位置情報を取得し、日本の総人口規模に換算。その推移を時間帯別、平日/休日別につかむことができる「メッシュ型流動人口データ」。
商圏分析・エリアマーケティングをはじめ、様々な分野で活用できるデータです。

データ概要

24時間365日収集しているGPS位置情報ログをベースにした、「いつ・どこに・どれくらいの人がいるのか」を示せるデータです。従来から活用されている国勢調査の夜間人口、リンク統計の昼間人口と併用することで、より人々の動きを掴む踏み込んだ分析が行えます。エリアマーケティングで最も活用される500mメッシュ単位だけではなく、250mメッシュ/100mメッシュ単位もあり、よりミクロな分析を行うことができます。

 

■新宿駅周辺の時間帯別の流動人口

 

新宿駅周辺の平日と休日で、同じ14時台で比較しました。
平日は西側のオフィス街の流動人口が多く、休日は東側の商業エリアの流動人口が多いことがわかります。

活用事例

時間帯別人口を活用することによって、従来わからなかった商圏特性を把握することができます。

 

新規出店候補地のマーケット比較1

オフィス立地、繁華街立地の場合、従来の昼間人口だけでは2つの出店候補地のマーケットボリュームを判別できない場合があります。

左の図は出店候補地AとBのそれぞれ徒歩10分圏内の比較です。

従来の昼間人口では約14,000人と同程度のマーケットと判断しますが、流動人口で見ると約20万人と16万人で25%の差が浮き彫りになります。

新規出店候補地のマーケット比較2

出店候補地CとDの比較において、候補地が存在するそれぞれの500mメッシュ内の流動人口では約◯◯人程度と大差はありませんが、候補地が存在する100mメッシュ内の流動人口で比較すると◯◯倍以上のの差があることがわかります。100mメッシュ単位で分析できることも流動人口データの強みです。

既存店分析

売上好調なE店と不調のF店があったとします。500mメッシュ単位の昼間人口と流動人口でマーケットボリュームを比較すると、どちらが良い悪いという判断が困難でした。100mメッシュ単位で比較してもそれぞれの店舗の足元の流動人口も同等です。

さらに時間帯別の推移を確認すると、夕方から夜にかけての流動人口に大きな差があり、夕方以降のマーケットサイズの違いが売上の違いだったということがわかりました。

 

【参考】マンスリーレポート(月刊GSI)Vol.78
  「スマホアプリのGPS位置情報から開発した「流動人口データ」の
      エリアマーケティング活用」
※株式会社Agoopより流動人口データについての記事を寄稿していただきました。

データ仕様

出典

株式会社Agoop

データ形式

テキスト(CSV)形式またはTactician(弊社エリアマーケティングGISエンジン)フォーマット

データ集計単位

500mメッシュ/250mメッシュ/100mメッシュ

データ収録エリア

全国版/都道府県版/市区町村版

搭載項目

お問い合わせください。

価格


提供単位

収録範囲
メッシュサイズ 備考
500m 250m 100m
年平均値 全国 ¥500,000 ¥750,000 ¥1,000,000 12か月分の平均値

 

時間帯別
年平均値

全国 ¥5,000,000 ¥7,500,000 ¥10,000,000 1ヵ月分の平均値
都道府県 ¥500,000 ¥750,000 ¥1,000,000 1か月分の平均値

※ 提供データは2014年1月以降より用意しております。6カ月単位でのデータ生成を予定しておりますが、最新のデータの生成状況についてはお問い合わせ下さい。
※ データ集計の時間単位は時間帯別平均の他、月別平均、季節別平均、年間平均の4種類がございます。
※ 価格は1つの利用目的に対するデータのご提供価格となります。
※ 価格は1つの利用目的におけるフリーライセンス価格を示しております。お申し込み時にご利用目的を申請していただきます。
※ 表示価格は税抜きです。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)