GIS活用事例

メーカー・卸

自社の製品・サービスを小売チェーンに提案する際、GIS(地図情報システム)を用いて、データに基づく提案を行っているメーカー様は多いです。各店舗の商圏を分析し、商圏構造に合致した品揃えをすることによって、一層の売上拡大を目指しています。

GIS(地図情報システム)をリテールサポートに活用する意義

属人的提案からの脱却

【Before】
これまでは店長やバイヤーへ訪問件数を重ね、仲良くなって自社製品を採用してもらうという属人的な営業スタイルでした。

【After】
GIS(地図情報システム)を活用して、各店舗の商圏調査レポートを持参し、データに基いた商品提案ができるようになり、提案に説得力が増しました。

本部商談につながる分析

【Before】
現場の店長さんだけではなく、チェーン企業の本部に大型商談を持ち込みたい。なかなか上層部に面談することができない状況。

【After】
チェーン店舗全ての商圏分析を行い、個店だけではなく、地区ごと、全体の商圏の傾向を提示できるようになった。結果的に本部商談につながり、大型商談を勝ち取ることができた。

MarketAnalyzer™の高度な店舗分析機能

Excelレポート自動作成機能

右の図は既存店の商圏範囲と世帯数分布を重ねたイメージです。商圏の重なり具合が一目で確認できます。
ターゲットが多く、既存商圏でカバーできていない地域にドミナント出店する場合もあります。

取引先店舗の顧客分析にも対応

取引先店舗からの分析依頼にも対応します。ID付きPOSデータや会員データを地図上にマッピングし、エリアマーケティングデータベースと重ねあわせて、強いエリアと弱いエリアを見える化します。

お問い合わせ

03-5362-3955

受付時間/9:30〜18:00 ※土日祝祭日を除く