商圏分析を行う際の商圏人口というと「夜間人口」「昼間人口」を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?しかし、休日・平日、時間帯別に人の滞留エリアは異なり、新しく施設等が開設されると、人の流れは変化します。
この変動する人口を的確に捉えることが、新規出店、売上予測、品揃えなど、チェーン企業において非常に重要です。流動人口データはこのような様々な場面で活用が期待されています。
今回のミニセミナーでは、このダイナミックに流動する人口データを詳しく紹介します。

★講演内容★

・流動人口データとは?

  ~GPS情報を利用した新しいエリアマーケティングデータ

 

・時間帯別の人の動き

  ~地域によって人の滞留時間はこんなに違う

 

・人の流れがどう変化したか?

  ~トラフィックジェネレーター(交通発生源)ができる前後で人の流れの変化を

   地図に見える化

 


 日時     2017年7月12日(水)
       【1】14:00~15:00 【2】16:00~17:00

       ※各回とも同じ内容です。ご希望の時間帯を選択いただけます。


 会場     弊社東京支店会議室 (地図
        東京都千代田区霞が関3-5-1 近鉄霞が関ビル4F
        ・丸の内線・千代田線 国会議事堂前駅より徒歩4分
        ・南北線 溜池山王駅・銀座線 虎ノ門駅より徒歩 各7分


参加費    無料


定員     各回8名 ※お申し込み多数の場合には抽選となります。


申込み    下記お問い合わせフォームにご記入の上、お申し込みください。

       その他要望欄にご希望の時間帯の記載をお願いします。


 

■お問い合わせはこちらから※「*」が付いてる項目は必須となります。
会社名
部署名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
その他ご要望 

個人情報保護方針