マーケットアナライザー用の最新データラインナップをご紹介します。
最新の国勢調査データに対応した各種データの最新版がリリースされています。
来年度の戦略策定のために、是非ご検討ください。
お問い合わせは、ページ最下部のお問い合わせフォームよりお願いします。

 

基本地図2018年版


基本地図には、2015年の交通センサス情報を搭載した道路地図が含まれています。
12時間交通量、旅行速度が旧年版から大きく変わっているため、トラベルタイム商圏を設定すると、商圏の大小が変化しているエリアがあります。下の地図での比較は過去データを用いています(参考)。

 

将来人口データ


最新2015年国勢調査データを基に、コーホート変化率を用いて2015年~2040年の性・年齢別の将来人口を推計。
Excelレポートのテンプレートも新しくなりました。

居住者プロファイリングデータ


会員データやID-POSデータを住所や郵便番号から地図上にプロットします。居住者プロファイリングデータの30クラスター単位で顧客数やシェア率を集計し、どのクラスター(地域分類)の集客効率が良いかを分析します。

年収階級別世帯数データ


地域の富裕度を知ることは、業種業態を問わずエリアマーケティングにおいて広く実践されています。
「住宅・土地統計調査」の全国・都道府県編に含まれる年収階級別・住宅の所有形態別世帯数を基に、年収階級別世帯数の比率を算出し、メッシュ/町丁・字等別に推計したデータです。

国勢調査その2メッシュデータ


国勢調査データのオプション。5年前の居住地をはじめ、従来国勢調査その1に収録されていた居住期間や産業別就業者数を収録。
Excelレポートのテンプレートも充実しています。

国勢調査6次メッシュデータ


2015年版国勢調査から、従来政令指定都市のみが収録エリアだった250mメッシュデータが全国を網羅します。
さらに125mメッシュデータも全国網羅でリリースしました。都市型小商圏分析に威力を発揮します。

築年数データ


持ち家、借家という住宅所有関係ごとの建築時期別世帯数のデータです。国勢調査の住宅所有関係別世帯数を基に、住宅・土地統計調査の住宅所有関係、建築の時期別住宅数を構成比化し、比例配分によって500mメッシュ単位の住宅数を推計しています。

地価ポテンシャルデータ


国土交通省が公表しているする地価公示ポイント(全国約2万6千地点)と都道府県地価調査(全国約2万2千地点)を基に、IDWというデータの平滑化手法を用いて500mメッシュごとに平均地価を推計し、データベース化したものです。

貯蓄階級別世帯数データ


年収階級別世帯数データが富裕度におけるフローだとすると、本データはストックを表します。年収データと併せて分析することで地域の富裕度を総合的に把握できます。
住宅・土地統計調査と国勢調査データから年収階級別世帯数の比率を算出し、さらに、「家計調査年報」の年収階級別の貯蓄高の分布表に掛け合わせて算出しています。

 

 

■お問い合わせはこちらから※「*」が付いてる項目は必須となります。
会社名
部署名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
その他ご要望 

個人情報保護方針