ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > Topic > シニアビジネス

シニアビジネス

シニア消費のエリアマーケティング事例

 元気で豊かなアクティブシニア層が増加し、シニア層向け消費市場は成長分野として注目されています。具体的な消費額を地域毎に把握する消費データや人々の趣味嗜好を地図に表現する手法をご紹介します。

団塊世代の地図上への可視化

【団塊世代の人口構成比】

 団塊の世代とは、第1次ベビーブーム時代の1947年から1949年までの3年間に出生した世代を指し、2012年現在では63歳から65歳の人々です。彼らへのマーケティングの重要性は周知ですが、団塊世代がどこにどれだけいるかを地図上で把握することも大切です。

地域毎に違う団塊世代構成比

【特徴的な駅半径500m圏内の人口ピラミッド】

 左のグラフはあるエリアの人口ピラミッドです。
 エリア毎に人口構成が異なり、地域ニーズに合致したシニア対策が必要となります。

高齢者分布の将来像

 シニアビジネスにおいては、過去と現状だけではなく、地域毎の将来像の把握も重要です。
 左の地図は2010年現在と2035年を比較し、増加率で色塗りをしたものです。赤いエリアほど増加率が高いエリアとなります。

シニアの消費市場

潤沢な高齢者資産

【世帯主年齢別の資産額】

 年齢と共に資産は蓄積され、60歳以上を世帯主とする世帯の総資産額は1000兆円以上と、全体の50%以上を占めます。

拡大していく高齢者市場

【高齢者消費額の推移と推計】

 家計消費に占める65歳以上の消費額は年々増加していき、20年後には全体消費の3分の1を占めるとまで言われています。

シニアの消費傾向をつかむためのデータ

 シニア層の保有する資産は全体の半数以上を占め、今後国内消費が縮小に向かう中で、シニア層の消費は増え続けます。

家計調査とは?

 総務省統計局が実施している統計調査です。選定した世帯の協力を得て毎日の家計の収入や支出を記録し、その結果を取りまとめて国民生活の実態を家計の面から明らかにすることを目的としています。
 国の最も基本的かつ重要な統計調査の一つであり、調査結果は景気動向の判断指標として不可欠です。国や地方公共団体の各種施策立案や大学・民間団体での分析などに幅広く利用されています。

時代背景を映す家計調査

【品目別消費金額推移】

 弊社の推計消費支出データは、家計調査を基に少地域単位まで消費科目の傾向が見えるものです。
 左のグラフは、2000年の世帯当り消費金額を100%とした際の年度別、品目別消費金額推移を表します。地デジ化の特需とその後の地デジ対応テレビの購買の落ち込みがよくわかります。

高齢者世帯の消費特徴(世帯あたり支出額平均)

【高齢者世帯あたり支出額平均】

 左のグラフは高齢者世帯の消費カテゴリ毎の支出額です。やはり保健医療の比率が高いことがわかります。

シニア消費を可視化するデータ

【高齢単身世帯の町丁・字別消費支出合計】

 弊社ではシニア消費を少地域で分析するための、「推計シニア消費支出データ」を提供しています。
 左の地図は高齢単身世帯の町丁・字別消費支出合計の分布です。

地域別のシニア消費傾向を測る

【高齢者の保健医療支出MAP】

 居住分類(都会性、地方性等)別にどの品目への消費性向が高いかを導く指標として、シニア家計消費indexもご用意しています。

高齢者の衣類×交通費消費MAP

 消費品目毎にシニアの地域毎の消費傾向を地図上に可視化します。

シニアマーケット分析ソリューション

 弊社では、この他にも様々なデータと手法を用いて、医療・介護・ヘルスケア分野の分析ソリューションをご提供しています。
 お気軽にお問い合わせ下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)