ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 課題別GIS活用事例 > 新規出店の商圏分析・エリアマーケティング事例

新規出店の商圏分析・エリアマーケティング事例

新規出店時の商圏調査・エリアマーケティング事例は、基本的な分析から高度な統計解析を駆使した分析まで多岐に渡ります。
賃料や導線など物件の属性だけで出店判断をするのではなく、マーケットポテンシャルや競合の出店状況もGIS(地図情報システム)で分析することが重要です。

マーケットポテンシャルが高いエリアはどこか?

エリア検索

ターゲット像が明確な場合は、GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™」に搭載されている各種小地域単位のデータべすから、該当する地域を検索・表示することができます。

左の画面は携帯電話の販売店のターゲット像を仮説定義し、条件に合致するエリアを設定する画面イメージです。
この場合は駅前型・繁華街型立地がアウトプットとして地図表示されます。

出店余地エリアランキング分析

マーケットボリュームが大きく、競合の影響が少ないエリアはどこか?
出店余地エリアランキング機能でポテンシャルの高いエリアを検索表示することができます。

新規出店候補物件の商圏調査

商圏の設定

自動車、徒歩、自転車、電車など想定される来店手段によって商圏をシミュレーションします。

左の図の青いラインは出店候補地から自動車10分圏を表しています。商圏分析用GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™」は、国土交通省の交通センサスデータを標準搭載しているので、実際の渋滞や信号待ちを加味したドライブタイム商圏の設定ができます。

商圏内のマーケットボリュームの把握

全国網羅された小地域単位(メッシュや町丁・字等)のデータを、商圏単位で集計します。複数店舗・複数候補地でも高速集計が可能なので、既存店の商圏ボリュームに対して新規出店候補地の商圏ボリュームと比較することが容易です。

商圏調査レポートの作成

分析結果は数クリックでExcel形式の商圏調査レポートとして自動作成できます。搭載するエリアマーケティングデータに応じて様々なテンプレートをご用意しています。

売上を予測する

課題と目的にあった手法

売上予測と言っても、様々な分析手法があります。業種業態によっての向き・不向きや、保有しているデータベースの種類や量によって最適な手法は異なります。

探索的に自社にとって何が良いのか?を見つけ出していく作業が必要となり、トライアンドエラーを繰り返すことができる環境が必要となります。

ハフモデル分析手法

ハフモデルは国内では大店立地法が制定された1970年代から活用されています。施設の商圏内の各小地域との距離関係と、自施設・競合施設の魅力度から、各小地域からジ施設への吸引率を計算するモデル式です。

活用手法も年々高度化されており、現在では大きく3つの用途で利用されています。

1)競合施設の新規開業の影響度シミュレーション
 自社商圏内に強力な競合が新規開業したときの影響予測。

2)自社施設の増床による勢力変動のシミュレーション
 増床の影響力を数値化。

3)売上想定
 人口や世帯などの吸引数を算出、その数値を用いて予測。

重回帰モデル分析手法

重回帰分析は多変量解析手法のひとつで、売上を予測したい目的変数とし、それを複数の変数(商圏データなど)で説明する式のこと。既存店を分析することによって作成します。

新規出店時には当然売上は未知数だが、商圏データや競合の情報は事前に得られるので、それらを用いて売上を逆算します。

導入実績2,000社以上を誇る商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)

MarketAnalyzer™
全てのラインナップのベースとなるエリアマーケティングGISのスタンダードモデル

データベースラインナップ
市場やターゲットを知るエリアマーケティング用データベースラインナップ

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)