ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 課題別GIS活用事例 > 既存店分析の商圏分析・エリアマーケティング事例

既存店分析の商圏分析・エリアマーケティング事例

多店舗展開をするチェーン企業のGIS(地図情報システム)による商圏分析・エリアマーケティングの第一歩は、既存店をしっかりと分析することから始まります。MarketAnalyzer™シリーズは単独の店舗の商圏分析だけではなく、多店舗を一括で高速処理するのに優れています。

既存店分析の目的

昨今の分析トレンド

既存店の分析の目的として、主に左図のようなものがあります。

店舗リストに商圏データを付与する

店舗リストを地図上にプロットし、一括で商圏を設定します。各店舗の商圏内のターゲット指標を一括で集計し、右のようなリストを作成します。このアウトプットが既存店分析の基本です。ここから以下のような分析が可能です。

・売上と商圏データとの相関分析
・店舗の分類(店舗クラスター分析)
・売上予測モデルの作成
・店舗ランキング(売上とポテンシャルとのギャップ分析)

MarketAnalyzer™シリーズはエリアマーケティング用高速GISエンジンを搭載しているので、複数店舗の商圏データ集計などを高速に行えます。

既存店舗を分類する

既存店の評価

集計した商圏データから、既存店舗を分類します。

左の図は居住人口と商業人口を用いて4つに分類したものです。店舗ごとのそれぞれの数値が既存店平均に対して上か下という観点で分類しています。

店舗分類ごとの分布

分類した結果をMarketAnalyzer™を用いて地図上に見える化しました。商圏特性や既存店舗のポジションに応じて店頭販促や棚割りの変更するための判断材料とします。

導入実績2,000社以上を誇る商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)

MarketAnalyzer™
全てのラインナップのベースとなるエリアマーケティングGISのスタンダードモデル

データベースラインナップ
市場やターゲットを知るエリアマーケティング用データベースラインナップ

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)