ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 業界別GIS(地図情報システム)活用事例 > 商業施設の分析方法

商業施設の分析方法

新規開発からインストアマーケティングまで
商業施設業界の多様な分析ニーズをサポート

商業施設業界での分析方法

商業施設業界で必要とされる分析課題には次のようなものがあります

 

  • 新規開発 開発候補地を探し、物件を特定して、出展可能かどうかを判断します。
  • テナント誘致・支援 施設へ出店するテナントを募集し、営業を支援します。
  • 販売促進 特定施設の商圏に住む人、働く人の来店/購買を促進するためのプロモーションの方法を分析します。
  • 売上予測 経営環境変化を踏まえて1施設または会社全体の売上予測を立てます。

新規開発

新規開発分析を行う時は
長期のマーケットボリューム推定と、競合を加味した売上予測が鍵

大規模商業施設は開発に長期間を要し、簡単に撤退もできないため、数年以上先のマーケットボリューム推移を推定すること、競合を加味した売上予測をすることが求められます。また、遠距離・自動車での来店が多く見込めるため、道路・鉄道交通網を踏まえた商圏設定が必要です。

テナント誘致・支援

テナント誘致・支援を行うときは
商圏に合わせたテナントの選択と出店後のリテールサポートが鍵

商業施設にとってのテナント誘致は小売・流通業にとってのマーチャンダイジングと言えます。商圏特性に合ったテナントを選択すること、テナントに対して施設の魅力をアピールすること、テナント出店後のリテールサポートをすることが求められます。

販売促進

販売促進を分析する時は
商圏を小エリア分割し、居住者特性と既存顧客リストとつきあわせる

販売促進活動の費用対効果を上げるためには、狙いを絞って最も効果的なセグメントに最も適切な手段でアプローチする必要があります。その分析をするために既存顧客リストと地理情報をつきあわせます。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)