ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 業界別GIS(地図情報システム)活用事例 > 葬祭

葬祭

葬祭分野のエリアマーケティング事例

 人口減少時代においても人口に占める高齢者比率は増加しています。葬祭ビジネス市場が拡大したとしても、高齢者の都市集中など、エリアによって市場性は異なります。

互助会の会員分析

 既存会員を地図上にプロットし分布を可視化します。小地域別に人口データと会員件数を重ね合わせることで、ポテンシャルに対する会員の獲得状況を把握できます。また、新規会員獲得のため、販促媒体の配布エリアの優先度を最適化する際に役立ちます。

将来の人口動態を把握

 推計将来人口データを活用し、現状の高齢者ボリュームだけではなく、地域の将来性も把握することが可能です。左図では、今後85歳以上の高齢者が益々都心部に集中することがわかります。

葬祭分野のデータベース(一部)

【推計将来人口データ】

 国立社会保障・人口問題研究所が公表している将来人口と国勢調査を基に、2015年~2040年の将来人口を推計したデータです。5歳階級毎の年齢別将来人口も搭載されています。

【推計高齢者生存者・死亡者ピーク年度】

【75歳~79歳死亡者ピーク年度MAP】

 推計将来人口データを基に、エリアごとに5歳階級にて年齢別人口がいつピークを迎えるかを指数化したデータです。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)