ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 業界別GIS(地図情報システム)活用事例 > 教育業界の商圏分析・エリアマーケティング事例

教育業界の商圏分析・エリアマーケティング事例

教育業界では、学習塾、予備校でのGIS(地図情報システム)活用例だけではなく、自治体や教材や生徒学生向け出版社での取り組みも盛んです。

学習塾のターゲット分析

生徒データの活用

左図は、学習塾の生徒の住所を商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™」を用いて地図上にプロットし、町丁・字単位で集計したものです。黄色い列が町丁・字毎の生徒数で、その横に各種統計データの数値がセットされている状態です。

 

 

生徒数に関連のあるターゲット指標は何か?(相関分析)

生徒数とターゲット指標の関係性を分析する手法として相関分析があります。関係性の強弱は相関係数という数値で表れ、絶対値が1に近いほど関係があると解釈します。

分析・解釈によると、以下のデータ項目が相関が高いことがわかりました。

・ターゲット年齢の居住ボリューム
(小学校向け塾であれば小学生が多く居住しているエリア)
・親の富裕度が高い世帯ボリューム
(世帯年収が700万円以上の世帯数が多いエリア)
・大卒、院卒の人口ボリューム
(高学歴な教育を受けた人が多いエリア)

このように得られた知見を立地や販促エリアの判断基準として、GIS(地図情報システム)で、該当エリアを検索したり、販促媒体の配布エリアの絞込に用いたりします。

公共施設の再配置の検討

需要と供給バランスの確認

民間企業の商圏分析・エリアマーケティングだけではなく、学校などの公共施設の再配置などでもGIS(地図情報システム)やデータベースが活用されています。

左の図は自治体の中で教育機関がどう配置されているかの現状を見える化したものです。需要である人口等(年齢や家族構成、将来人口)と重ねあわせることによって、最適な資源配置を検討していきます。

関連するGISとデータラインナップ

導入実績2,000社以上を誇る商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)

 

■GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™ シリーズ」

MarketAnalyzer™ 
SegmentAnalyzer™

■統計データ

推計将来人口データ
推計年収階級別世帯数データ
推計貯蓄階級別世帯数データ
国勢調査(その1)
国勢調査(その2)
推計年齢別・タイプ別昼間人口データ

■ポイントデータ

駅乗降客数データ
学校データ

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)