ホーム > 業種別ソリューション/導入事例 > 業界別GIS(地図情報システム)活用事例 > 不動産・建築の商圏分析・エリアマーケティング事例

不動産・建築の商圏分析・エリアマーケティング事例

不動産・建設業界のGIS(地図情報システム)活用用途は多岐に渡ります。

【不動産】
・物件のデューデリジェンス
・賃貸仲介店舗の商圏分析

【建設】
・公共施設、オフィスビル、商業施設、医療機関の建築提案

不動産店舗の商圏分析・エリアマーケティング

電車通勤エリアの把握

賃貸・売買物件への移動手段として電車+徒歩が想定される場合、MarketAnalyzer™の電車商圏作成機能が有効です。乗り換えや各駅の平均待ち時間、特急・快速停車駅等を加味した商圏作成が可能です。

既存店舗のポジショニングの把握

単店舗の商圏分析ではなく、実積とポテンシャルを対比させ、且つ複数店舗を同時に分析することによって、課題店舗を抽出することが可能です。

建築物件の商圏調査・エリアマーケティング

首都圏の人口動態の把握

皇居を中心に半径50km圏内の市区町村別の人口分布。
自治体向け提案や市場ボリュームの把握に活用します。

用途地域の把握

国土交通省が提供する用途地域地図データを用いてMarketAnalyzer™で分析したイメージ。用途地域ごとに表示非表示を切り替えることもできます。

最新の人口動態を知る

計画物件周辺の人口動態を知るために、国勢調査だけではなく住民基本台帳も活用されています。
左の図は開発が進む首都圏の湾岸エリアの人口動態を表します。

不動産・建築業に採用されているGIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™」

関連するGISとデータラインナップ

導入実績2,000社以上を誇る商圏分析・エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)。段階を追って機能や搭載データを拡張していくことができます。

■GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™ シリーズ」

MarketAnalyzer™ 
全てのラインナップのベースとなるエリアマーケティングGISのスタンダードモデル。ハフモデル分析を標準搭載。
SiteAnalyzer™
重回帰モデル式の作成やクラスター分析等が可能。高度な店舗分析機能を搭載。
SegmentAnalyzer™
販促媒体配布エリア最適化機能を搭載。

■センサスデータシリーズ

リンク統計データ
推計年齢別・タイプ別昼間人口データ
推計商業統計データ
商業人口データ
経済センサス(基礎調査)
国勢調査(その1)
国勢調査(その2)

■推計データシリーズ

推計年収階級別世帯数データ
推計貯蓄階級別世帯数データ
住宅統計データ 
建物統計データ
統計地図(100mメッシュ)
統計地図(住民基本台帳町丁目)

■ポイントデータシリーズ

駅乗降客数データ

■地図データシリーズ

用途地域地図

システムラインナップはこちら

エリアマーケティングデータラインナップはこちら

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)