ホーム > システム/サービス > 商圏分析・エリアマーケティングGIS > サイトアナライザー(SiteAnalyzer™)

サイトアナライザー(SiteAnalyzer™)

サイトアナライザ―(SiteAnalyzer™)は、店舗分析から売上予測までをトータルでサポートすることをコンセプトに設計されています。トライ&エラーを繰り返すような探索的な統計解析でも、修正するポイントを素早く判断でき、効率的な分析環境を実現します。

マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)にオプションとして追加することも可能です。

搭載機能

標準機能

マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)に搭載されている全ての標準機能を搭載しています。

店舗クラスター分析機能 ~店舗の分類/分類ごとの売れ筋把握~

店舗クラスター分析とは?

店舗を実績データや商圏データ(またはその組み合わせ)でクラスタリング(グループ化)する機能。既存店の分析は、まず立地特性の把握から始まります。駅前型やロードサイド型など店舗グループは経験と勘で理解・分類できるものの、分類毎の要因(人口や競合との関係性など)を科学的に特定することで、伸ばせる店舗や商品を発見できます。

精度の高いクラスター分析を実施するための機能

売上に貢献する指標をもとにクラスタリングするために相関分析を実施できるのは勿論、ステップワイズ法、強制投入法、変数減退法など様々なクラスター分析ロジックを選択できます。

クラスターの解釈とクイックレポート

クラスター毎の解釈が容易になるように、店舗商圏データの集計もクラスター毎に実施できます。
判別モデルをシステム内部で自動作成しているため、地図上をクリックするだけで新店候補地がどのクラスターに属するのかを瞬時に把握できます。(クイックレポート機能)

店舗重回帰分析機能 ~店舗の売上要因の発見/売上予測・集客予測~

重回帰分析とは?

売上等の予測したい指標を目的変数とし、店舗面積や席数等の店舗属性や各種商圏情報を説明変数として、売上や顧客数を予測するモデル式を作成する分析手法です。

店舗の売上に影響する要因は何か?

各店舗の商圏情報や店舗面積・席数などのインナーデータを使って売上との相関分析を行い、相関係数の高い指標を投入して重回帰モデルを作成します。

精度の高いモデル式を作成

データの正規分布状態や散布図を視覚的に把握しながら、トライアンドエラーで最適なモデルを作成できるよう設計されています。

予測は数クリックの簡単操作

運用フェーズでは、新店候補地を地図上でクリックするだけで、自動的に予測モデルを適用し予測金額を算出します。

店舗主成分分析機能 ~商圏の特徴を総合的に捉える~

多変量データを統合し、新たな総合指標を作り出すための分析機能です。統計解析エンジンを用いて自動的に合成変数を作成します。

重回帰分析において独立変数間で強相関(多重共線性)がある場合や、一次従属な変数関係がある場合には分析結果は導き出されるものの、信頼性は高いとは言えません。

主成分分析は、強相関のある変数を縮約することで多重共線性を回避し、多変量解析に有効なシンプルな変数を作成できます。

クラスターindex出力機能

任意に付与したクラスターコードに対して、クラスター別の平均値、偏差値、indexを付与する機能です。クラスター別の指標に対して各レコードの差異を算出します。このような販売構成比や時間帯売り上げ、各種統計指標を、店舗類型(クラスター)別にindex化することで傾向が見えてきます。これらのクラスター別の傾向と、各店舗の実績の差異から、品揃え、店舗コンセプトの見直しなど、各種店舗施策立案に役立つ指標が見えてきます。

標準搭載内容・推奨スペックなど

サイトアナライザー(SiteAnalyzer™)は、マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)に統計解析エンジンと、店舗クラスター分析機能、店舗重回帰分析機能、店舗主成分分析機能、クラスターindex出力機能を搭載したバージョンです。

※搭載機能やデータの詳細はマーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)の製品ページをご参照ください。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)