ホーム > セミナー > 2015/7/10実施済セミナー資料請求 【大阪】失敗に学ぶ! チェーン企業の売上予測の成功事例と失敗事例 〜GIS(地図情報システム)を用いた売上予測手法をわかりやすくご紹介〜

セミナーのご案内

2015/7/10実施済セミナー資料請求 【大阪】失敗に学ぶ! チェーン企業の売上予測の成功事例と失敗事例 〜GIS(地図情報システム)を用いた売上予測手法をわかりやすくご紹介〜

 GIS(地図情報システム)による商圏分析は20年前からはじまり、現在では様々な業界で広く利用されています。その中でも小売や飲食などチェーン企業における活用は年々高度化しており、新規出店時の売上予測というテーマでGISのデータを統計解析し、売上予測モデルを構築している企業も多くあります。しかしながら、統計解析のテクニカルな部分を高度化するだけでは本当の意味での成功は難しいのが実情です。本セミナーでは売上予測手法について解説すると共に、売上予測に取り組む企業の成功事例と失敗事例をわかりやすく紹介します。

開催日時

2015年07月10日(金)

14:00~16:30(13:45~受付)

ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム タワーC 8階 C06(グランフロント北館)

会場

大阪府大阪市北区大深町3-1
JR大阪駅/地下鉄・阪急梅田駅より徒歩3分(グランフロント内)

参加費

無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください

定員

40名

セミナー概要 PDF版

■講演内容■


◆第1部:売上予測の前に取り組むべき店舗分析とは?
 
店舗分析におけるGIS(地図情報システム)の活用の歴史は古く、約20年前に始まりました。現在では従来型の単なる商圏調査だけでなく、統計解析手法を駆使し、売上予測モデルを構築する多店舗展開企業も増えています。この「売上予測」を実現するためには、まず店舗分析に取り組む必要があります。本パートでは店舗分析において押えておくべき4つの基本をご紹介します。
 【4つの基本】
 ①商圏の定義 ②マーケットシェアの把握 ③既存店の評価 ④データの整備


◆第2部:売上予測の成功事例と失敗事例(実践編)
 
本パートでは、売上予測で多く採用されるハフモデルと重回帰モデルについて、概要と事例をご紹介します。実際にトライアンドエラーを繰り返しながら売上予測モデルを構築するステップも、実機のデモンストレーションを交えて具体的に解説します。
 ・ハフモデルと重回帰モデルの概要
 ・某SCのハフモデル活用事例
 ・某スーパーの重回帰モデル構築ドキュメンタリー
 ・売上予測の成功事例と失敗事例


【講師ご紹介】
技研商事インターナショナル株式会社 営業推進部 部長
 シニアコンサルタント 市川 史祥
小売業、サービス業、医療・介護分野の企業・団体へ地図情報システムによるエリアマーケティング支援を行なっている。
培った分析ノウハウを紹介する分かりやすいセミナー講演実績年間90回以上。


■ご注意事項■ 
・天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止する場合がございます。
・お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
・当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)