ホーム > セミナー > 2015/6/17実施済セミナー資料請求 【東京】(最新)小売・流通業のマーケティング手法と事例 ~商圏を的確に捉え、施設内部の人の動きを分析する。~

セミナーのご案内

2015/6/17実施済セミナー資料請求 【東京】(最新)小売・流通業のマーケティング手法と事例 ~商圏を的確に捉え、施設内部の人の動きを分析する。~

 少子高齢化による人口構造の変化がもたらす消費市場の縮小、消費者の消費行動の多様化、他業態との競合状態など、小売・流通業を取り巻く環境は大きく変化しています。本セミナーではこれからのマーケティングに必要な2つのポイント、①商圏を的確に捉える、②店舗や施設の内部の人の動きを分析する、をテーマにそれぞれの専門家が分析の手法や事例をわかりやすく紹介します。

※本セミナーは、満員御礼につき受付終了となりました。

開催日時

2015年06月17日(水)

14:30~17:00(14:15~受付)

東京国際フォーラム G402会議

会場

東京都千代田区丸の内3-5-1
・JR有楽町駅より徒歩1分
・JR東京駅より徒歩5分

参加費

無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください

定員

80名

セミナー概要 PDF版

【講演内容】


◆第1部:人の動きを科学する! ~施設内の人の動きを数値化し分析~
 店内のお客様の動きには、消費志向に関する様々な情報が隠されています。そこで、これまで感覚的なものでしかなかった総入店者数や平均滞留時間を、顧客数情報システムでデータ化し分析します。これにより店舗内部の現状や営業対策の問題点を把握し、「人の動きに合わせたマーケティング」の実践が可能となります。本パートでは、最新のソリューションをご紹介しながら、経営効率を向上させる方法を事例を交えてわかりやすく解説します。


■施設全体に与えるイベントの影響を測定。


■買わなかったお客様の姿が見えてきた。

≪講師≫ 技研トラステム株式会社 国内営業部 担当部長 寺阪 進 様
1974年大手百貨店へ入社。9年間韓国に駐在し、消費市場の調査・顧客志向に関するマーケティング等の経験を積む。2008年、技研トラステムの海外進出に合流し、ソウル支店の立ち上げに参加。”人の動きを科学する”考え方を商業施設や免税店、博物館などの集客施設に対し紹介。


◆第2部:変化する商圏を捉える! ~商圏データの読み取り方~
 売上拡大のポイントは、店舗商圏の現状と将来像を把握し、地域ニーズに合致した店舗コンセプトを策定することです。本パートでは、実商圏の定義の仕方、店舗商圏データの読み取り方など、経験豊かな講師がGIS(地図情報システム)のデモンストレーションを交えてわかりやすく解説します。

■継続する立地と淘汰される立地

■顧客分布から実商圏を知る

■競合配置を加味した市場の把握


≪講師≫ 技研商事インターナショナル株式会社 シニアコンサルタント 市川 史祥
小売業、製造業、不動産業、医療・介護業界のクライアントへ、地図情報システムの運用支援・エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。


■ご注意事項■ 
・天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止する場合がございます。
・お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
・当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)