ホーム > セミナー > 2016/9/16実施済セミナー資料請求 【大阪】顧客データとエリアマーケティング ~ 顧客データを地図で見ると何がわかるのか?分析手法と事例をご紹介 ~

セミナーのご案内

2016/9/16実施済セミナー資料請求 【大阪】顧客データとエリアマーケティング ~ 顧客データを地図で見ると何がわかるのか?分析手法と事例をご紹介 ~

 ビッグデータ分析が盛んです。顧客データもビッグデータの一つですが、従来のRFM分析やデシル分析というような分析以外に、GIS(地図情報システム)を用いた分析手法や事例も増えています。本セミナーではBtoCのチェーン企業における地図や統計データを用いた顧客分析の手法や事例を、経験豊かなコンサルタントがわかりやすくご紹介します。皆様の奮ってのご参加をお待ちしております。

開催日時

2016年09月16日(金)

14:00~16:30(13:45~受付)

ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム タワーC 8階 C06 (グランフロント北館)

会場

大阪府大阪市北区大深町3-1
JR大阪駅/地下鉄・阪急梅田駅より徒歩3分(グランフロント内)

参加費

無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください

定員

35名 ※事前にお申し込みがない場合、入場をお断りする場合がございます。

セミナー概要 PDF版

◇◆講演内容◆◇

①GISとエリアマーケティング
 GIS(地図情報システム)はデータに基づく商圏分析・意思決定を支援します。
 商圏分析とはなにか?をGISのデモンストレーションを交えて解説します。

②顧客データ分析の意義
 顧客分布を面(エリア単位)で見ると処理しやすく、見えてくるものがあります。
 ・実績だけではなく市場データと重ねることによって見えてくること。
 ・ビッグデータを処理する技術。

③顧客を地図にプロットして見えてくること
 同じ顧客データでも表現の仕方によって得られる知見は異なります。
 様々な分析事例をご紹介します。
 ・実商圏はどこまでか?/・商圏シェアの把握/・某スーパーの顧客分析事例
 ・某自動車ディーラーの顧客分析事例

④潜在顧客分析
 生活者の様々な属性をクラスタリングしたデータ(ジオデモグラフィクスデータ)から、
 町丁目単位で後何人顧客になり得るか?を推定します。

⑤自社の顧客はどんな人?相関分析と顧客ペルソナ分析手法
 統計データから顧客の出現率が高い地域特性を導き出したり、顔の見えない顧客を
 プロファイリングする手法をご紹介します。
 ・某スポーツクラブのペルソナ分析事例

⑥顧客を増やすためのエリア販促【最新版】
 エリア販促の手法・媒体は様々ありますが、折込チラシとネット広告の最適な
 エリア選定手法をご紹介します。
 ・ターゲット像から定義する販促エリアランキング
 ・某ホームセンターの販促エリア最適化


 ≪講師≫
 技研商事インターナショナル株式会社 シニアコンサルタント 市川 史祥
 小売業、製造業、不動産業、医療・介護業界のクライアントへ、地図情報システムの運用支援・
 エリアマーケティング支援を行っている。わかりやすいセミナーが定評。年間講演実績90回以上。


■ご注意事項■ 
・天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止する場合がございます。
・お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
・当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)