ホーム > セミナー > 2015/12/11実施済セミナー資料請求 【大阪】よくわかる!介護業界の商圏分析手法と事例 〜これから益々必要になってくる、データに基づくエリア戦略の実現〜

セミナーのご案内

2015/12/11実施済セミナー資料請求 【大阪】よくわかる!介護業界の商圏分析手法と事例 〜これから益々必要になってくる、データに基づくエリア戦略の実現〜

 介護業界では今後、急激な人口減少と人口構造の変化に備える地域包括ケアを実現するため、介護施設・サービスの供給と介護需要のバランの是正が強力に進められます。こうした変革に対応するには、自社の施設・事業所を取り巻く商圏の現状と将来像を的確にとらえ、2025年に向けて独自の事業戦略を構築するためのマーケティングが重要です。
 本セミナーでは、介護業界における地図とデータを用いた商圏分析・エリアマーケティングの手法と事例を、経験豊かな講師がわかりやすく解説します。

開催日時

2015年12月11日(金)

14:00~16:30(13:45~受付)

ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム タワーC 8階 C06 (グランフロント北館)

会場

大阪府大阪市北区大深町3-1
JR大阪駅/地下鉄・阪急梅田駅より徒歩3分(グランフロント内)

参加費

無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください

定員

40名 ※事前にお申し込みがない場合、入場をお断りする場合がございます。

セミナー概要 PDF版

■講演内容■


 GIS(地図情報システム)とエリアマーケティング用データベースを用いた分析の手法やデータの読み取り方を、経験豊かな講師がわかりやすく解説します。


■商圏分析・エリアマーケティングとは?


 経験や勘だけではなく、客観的なデータに基づいて地域ごとに戦略を策定するのが商圏分析です。
 GIS(地図情報システム)による商圏分析は、既に様々な業界で広く実践されてきました。
 介護分野においても近年その分析ニーズと実践例が増えています。
 本パートでは商圏分析とは何かについてわかりやすくご説明します。


■地域ごとに異なる少子高齢化の現状と将来像


 少子高齢化の進展は避けられず、日本全体の人口構造の変化をもたらします。
 しかしながら地方部と都市部ではその現状と将来像が大きく異なります。本パートでは地域ごとに異なる高齢化の現状と将来像、そして介護の需給バランスをデータを用いて示します。


■介護需要を知るデータベースとその読み取り方


 年齢、家族構成、富裕度、介護度など、介護業界で用いられる地域データは様々あります。単に高齢者人口が多いかどうかという見方だけではなく、様々なデータを複眼的に分析して、地域や商圏を把握することが重要です。本パートでは、押さえておくべき指標とその読み取り方を解説します。


■介護施設の商圏分析事例


 高齢者向け住宅の新規開設時の商圏調査や入居者獲得のための販促エリア分析などの事例をご紹介します。


 参加特典:無料で商圏調査レポートを作成できるサービス(1回のみ)をご紹介します。


【講師紹介】
技研商事インターナショナル株式会社 マーケティング部 部長 シニアコンサルタント 市川 史祥
 小売業、サービス業、医療・介護分野の企業・団体へ地図情報システムによるエリアマーケティング支援を行なっている。 培った分析ノウハウを紹介する分かりやすいセミナー講演実績年間90回以上。


■ご注意事項■ 
・天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止する場合がございます。
・お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
・当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)