ホーム > セミナー > 2015/8/6実施済セミナー資料請求 【大阪】顧客・商圏をデータでプロファイリングする!! 〜GIS(地図情報システム)を用いた顧客分析、商圏分析の手法と事例〜

セミナーのご案内

2015/8/6実施済セミナー資料請求 【大阪】顧客・商圏をデータでプロファイリングする!! 〜GIS(地図情報システム)を用いた顧客分析、商圏分析の手法と事例〜

  「顧客データは保有しているが、顧客がどんな人なのかはわからない」「自社商圏範囲は定めているが、商圏の詳細・市場がわからない」――こんなお悩みはありませんか?
当社の地域データベースと貴社のデータベースを組み合わせると、顧客や商圏の実態を掴むことができます。本セミナーではエリアマーケティングデータベースとGIS(地図情報システム)を用いたチェーン企業や消費財メーカーの分析手法と事例を、経験豊かな講師が具体的にわかりやすくご紹介します。

開催日時

2015年08月06日(木)

14:00~16:30(13:45~受付)

ナレッジキャピタル・カンファレンスルーム タワーB 10階 B07 (グランフロント北館)

会場

大阪府大阪市北区大深町3-1
JR大阪駅/地下鉄・阪急梅田駅より徒歩3分(グランフロント内)

参加費

無料 ※当日はお名刺を1枚お持ちください

定員

40名

セミナー概要 PDF版

■講演内容■


◆第1部:商圏をプロファイリングする手法と事例
 
時代とともに商圏の構造は変化していきます。商圏の現状と将来像を把握し、地域ニーズに合致した施策を打つことが売上向上のために必要です。本パートでは商圏をどう読み解くか、その手法を具体的な事例に即してご紹介します。

 ・基本的なエリアマーケティングデータとその読み取り方
 ・商圏ボリュームは同じ店舗同士の売上が倍以上異なるのはなぜか?
 ・商圏の現状と将来を知る~少子高齢化の現状と将来像~


◆第2部:顧客をプロファイリングする手法と事例
 
「顧客データは持っているがマーケティングに活用しきれていない」「顧客はいるが潜在需要がわからない」――このような課題にとって、GIS(地図情報システム)とデータベースを用いたエリアマーケティング手法は有効な解決策の一つとなり得ます。本パートでは、顧客データを用いた分析手法と事例をわかりやすくご紹介します。

 ・顧客はどこから来るのか?強いエリアと弱いエリアはどこか?
 ・顧客像を知る。顧客プロファイリング手法
 ・消費財メーカーのカテゴリ別需要予測


【講師ご紹介】
技研商事インターナショナル株式会社 営業推進部 部長 シニアコンサルタント 市川 史祥
小売業、サービス業、医療・介護分野の企業・団体へ地図情報システムによるエリアマーケティング支援を行なっている。
培った分析ノウハウを紹介する分かりやすいセミナー講演実績年間90回以上。


■ご注意事項■ 
・天災及びその他やむを得ない事情により 、予告なく開催を中止する場合がございます。
・お申し込み状況により、同一会社様の参加人数を制限させていただく場合がございます。
・当社の判断によりセミナーへのご参加をお断りする場合がございます。なお、お断りする理由等につきましてはご説明はいたしかねますので予めご了承下さい。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)