ホーム > 商圏分析 用語集 > ライリー・コンバースモデル

ライリー・コンバースモデル

ライリー・コンバースの公式(小売吸引力の法則)とは、コンバース氏がライリーの法則を用いて「2つの都市の商圏分岐点」を算出したものです。商圏の測定方法の一つで、二つの都市の間のどこが商圏の分岐点になるかを求めたものです。

考え方はライリーの法則と同じで、大きな街の方が買い物に行く魅力値が大きく、また距離は近い方がより購買力を吸引できるとしています。ただし、町の大きさよりも距離の要因の方が大きいとしています。そのうえで、ではどこに住んでいる人の購買額が二つの都市で半々になるかを考えたものです。

ライリーモデル グラビティ(重力)モデル ハフモデル 売上予測