ホーム > 商圏分析 用語集 > ライリーモデル

ライリーモデル

ライリーモデルとは、ある地域から2つの都市A、Bへ流れる購買力の比は、AとBの人口に比例し、その地域からAとBへの距離の2乗に反比例する。大きな街の方が買い物に行く魅力値が大きく、また距離は近い方がより購買力を吸引できるとしています。

ライリー・コンバースモデル グラビティ(重力)モデル ハフモデル