ホーム > 商圏分析 用語集 > 1次メッシュ(第1次地域区画)

1次メッシュ(第1次地域区画)

1次メッシュとは、全国の地域を偶数緯度及びその間隔(120分)を3等分した緯度における緯線並びに1度ごとの経線によって分割してできる区域であり、およそ80km四方(緯度の間隔:40分、経度の間隔:1度)です。国土地理院発行の 20万分の1地勢図の1図葉の区画などに使用されています。

エリアマーケティングの基本単位は4次メッシュ(500mメッシュ)単位とされていますが、近年では都市型小商圏の分析に5次メッシュや100mメッシュを使用されることが多くなっています。

メッシュ 100mメッシュ 5次メッシュ(4分の1地域メッシュ) 4次メッシュ(2分の1地域メッシュ) 3次メッシュ(第2次地域区画) 2次メッシュ(第2次地域区画)