ホーム > 商圏分析 用語集 > ジオターゲティング

ジオターゲティング

ジオとは、Geography(地理)のことで、特定のエリアをターゲットとして狙うこと、それがジオターゲティングです。一般的に、インターネット上ではIPアドレス、携帯電話やスマートフォンではGPSや最寄りの基地局などから利用者の位置を特定する技術のことです。これによりユーザの居住地や現在位置に結びついた情報を提供することが可能になるため、地域密着型のサービスや広告などを効果的に配信できるというメリットがあります。

ジオターゲティングでは、Webサイト運用者や、バナー広告などを配信する事業者が、Webサイト閲覧者の地理的な場所を識別して、特定の地域からのアクセスに対してだけ特別な情報を配信したり、地域に応じて異なる情報を配信します。

これまでは大まかな地域は推定できますが、細かな地域までは追いきれない弱点がありましたが、エリアマーケティング用のGISとして初めて郵便番号界に対応した「MarketAnalyzer™ for Audiendence One®(MKA for AOne)」により、郵便番号レベルの居住エリアの絞り込みを実現しました。

 

 

MarketAnalyzer™ for Audiendence One®

「MarketAnalyzer™」(マーケットアナライザー)は、高度で探索的な分析を可能とするエリアマーケティング・商圏分析専用のGISで、国内2,000社以上の企業に導入されています。

 地図上に様々な統計データ(人口、世帯、消費、年収など。個人情報ではなく、郵便番号界単位で集計・秘匿されたデータベース)を重ね、店舗商圏のマーケットボリュームやターゲット分布を瞬時に把握できます。

店舗自動車15分圏と居住者プロファイリングデータ分布

商圏内の郵便番号抽出と郵便番号界単位の統計データ

MarketAnalyzer™ for AudienceOne®(MKA for AOne) の分析イメージ】

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)