ホーム > 商圏分析 用語集 > ヒストグラム

ヒストグラム

ヒストグラム(度数分布図)とは、統計グラフの一種 で、データの分布状況を視覚化するために主に統計学や数学、画像処理等で用いられます。バラツキのある分布状態をいくつかの区間に分けて、その区間のデータを集め棒グラフで表示したものです。
ヒストグラムを応用した図表として、人口ピラミッドがあります。

人口ピラミッド

 

 

ヒストグラムでみる地域特性(商圏特性)の違い

●3つの駅前商圏の年齢構成を比較

エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)を用いて、豊洲駅、高田馬場駅、高島平駅のそれぞれ半径500m圏における人口の年齢構成を確認しました。

豊洲駅半径500m圏

豊洲駅周辺のヒストグラムでは、30代~40代前半の親世代と0~9歳の子ども世代の構成比が高いことがわかります。

 ⇒ ニューファミリー商圏

高田馬場駅半径500m圏

高田馬場駅周辺には20代の若者世代、男性は30代も多く含まれていることがわかります。

 ⇒ 学生・新社会人単身層?

高島平駅半径500m圏

高島平駅周辺では60代~70代前半の高齢者が多く生活していることがわかります。

 ⇒ シニア商圏

商圏調査の新たな切り口に

鉄道路線ごとの居住者特性は、都市開発(商業施設、公共期間など)や有力産業等を背景に大きく異なっています。土地勘があれば感覚的に理解できることもありますが、この違いを客観的に説明するには専門的な統計解析が必要となるでしょう。

居住者プロファイリングデータを用いて地域特性やライフスタイルを更に詳しく分析することも可能です。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)