ホーム > 商圏分析 用語集 > ロードサイドショップ

ロードサイドショップ

ロードサイド店舗とは、幹線道路やバイパス沿いなど通行量の多い道路の沿線において、自家用車・オートバイ(原動機付自転車)・自転車でのアクセスが主たる集客方法である店舗のこと。業種は様々で、特に都市郊外の主要幹線沿いに立地するものを指す場合が多く、駐車場を広くとっている点や、ワンフロア(単層)形式で、軽装備、低コストの店づくりである点が共通しています。