ホーム > 商圏分析 用語集 > 仮想商圏

仮想商圏

仮想商圏とは、小売店舗や外食店舗などの施設にお客様が来店する可能性のある地域のことです。

商圏分析ではGIS(地図情報システム)を用いて、来店手段に応じた仮想商圏をシミュレーションすることができます。マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)シリーズでは自動車、自転車、徒歩といった道路ネットワークを用いた時間商圏を作成する機能を標準搭載しており、電車+徒歩の商圏作成機能も搭載することができます。