ホーム > 商圏分析 用語集 > 正規化

正規化

正規化とは、データを一定のルールに従って変形し、利用しやすくすることです。GISを用いた商圏分析では人口や小売業年間販売額などの小地域単位の統計データの実数をそのまま分析するだけであなく、統計解析に有効となるように各データ項目を構成比や対数(log)に変換しています。
商圏分析用GIS「マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)」シリーズで活用できる正規化用データがあります。

 

 

対数化(log)したデータ

エリアマーケティングデータやGIS(地図情報システム)を用いて販促エリアの定義や売上予測などのモデル式を構築する場合、データの実数だけでは良い分析結果とならない場合があるため、統計解析に有効となるように各データ項目を構成比や対数(log)に変換した正規化データを用いる場合があります。

実数データをそのまま利用すると良い分析結果が出ない場合があります。地域的な分布が極端なデータ項目は、データ分布が正規分布に近づくように対数化(log)した値を用いると有効な場合があります。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)