ホーム > 商圏分析 用語集 > 買回り品

買回り品

買回り品(かいまわりひん)とは、質やデザインなどを比較検討した上で購入する傾向にある品物で、耐久消費財や趣味品などを指す用語です。このような商品は価格や品質の比較のため、消費者がいくつかの商店を「買い回る」ためこのように呼ばれます。
対義語として「最寄り品」があります。商圏分析では買回り品を扱う店舗の商圏は比較的広域となり、最寄り品のそれは境域になる傾向があります。

最寄品(もよりひん)