ホーム > データラインナップ > 推計データシリーズ > 統計地図(住民基本台帳 500mメッシュ)

統計地図(住民基本台帳 500mメッシュ)

5年ごとの国勢調査の人口・世帯数に対して、毎年更新可能な住民基本台帳データが商圏分析しやすいメッシュ単位で整備されています。人口移動の激しい新興住宅街などの分析に有効です。
(c)2016 ZENRIN CO., LTD.(Z16LD第1438号)

データ概要

国内の公的な人口統計は国勢調査と住民基本台帳の2つがあります。
住民基本台帳は毎年更新が可能な最新の人口統計です。
本データはエリアマーケティングの基本単位である500mメッシュ単位で住民基本台帳を収録しています。
両者を組み合わせることで一層精度と鮮度の高いエリアマーケティングを実現します。

活用事例

住民基本台帳と国勢調査の違い

国勢調査はエリアマーケティングにおいてターゲットを詳細にセグメントできる豊富な指標を収録していますが、5年に1回という周期で最新版が2010年調査という課題がありました。対して住民基本台帳は収録項目が人口(性年代別)、世帯数と少ないものの毎年更新可能で最新の人口動態を把握することができます。

有明地区の人口比較

左の図は東京オリンピックの予定地となっている東京都有明地区において、2010年の国勢調査と2013年の住民基本台帳の年齢別人口を比較したものです。2013年にかけて急激に人口が増加していることがわかります。急激に開発が進む地域ではデータの鮮度も重要になってきます。

データ仕様

出典

株式会社ゼンリン「統計地図2015」 「ZMAP-TOWNⅡ」
日本加除出版株式会社 「平成26年度人口統計マスターファイル」
総務省統計局 「平成22年国勢調査地域メッシュ統計(世界測地系)全指標その1」
国土交通省国土政策局 「国土数値情報 土地利用細分メッシュデータ」

データ形式 テキスト(CSV)形式またはTactician(弊社エリアマーケティングGISエンジン)フォーマット
データ集計単位

500mメッシュ単位

データ収録エリア 全国版/都道府県版
搭載項目 【項目一覧】ゼンリン統計地図500mメッシュ[299KB]

価格

購入価格
全国版地方版
¥600,000

※本ホームページに掲載されている価格は当社エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™シリーズ」1PCライセンスの価格です。複数ライセンスの価格につきましてはお問い合わせください。
※データ単体でのご検討の場合には別途お問い合わせください。
※本ホームページに掲載されている価格は税別価格です。別途消費税を申し受けます。
※本ホームページに掲載されている情報は2016年6月現在のものです。予告なく変更する場合がございます。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)