ホーム > データラインナップ > 推計データシリーズ > 未来統計データ

未来統計データ

社会変動を加味した将来人口

「未来統計」は、国立社会保障・人口問題研究所でも採用されている人口推計理論(コーホート法)をベースに、コーホート法ではカバーできない不連続な社会的要因(マンション分譲情報、大規模開発情報)を活用して、推計の精度を向上した人口統計データです。

データ作成時から5年先までという近未来の町丁字別男女各歳人口値を収録しています。

データ概要

推計概要

1:2010年9月以降(前回の国勢調査実施時)に竣工したマンション情報を収集。

2:2010年10月1日以降に事業完了(換地処分完了)した土地区画整理情報を収集。

3:上記それぞれの人口の増加見込みを推計。

活用事例

今後人口が増える地域

現状の人口と将来の人口の差が大きい町丁目をエリアマーケティング用GIS(地図情報システム)MarketAnalyzerを用いてを用いてエリア検索を行いました(地図の赤い町丁目)。
東京都の晴海、豊洲、有明などの湾岸エリアや、千葉県の流山市などが目立ちます。

小売業:確度の高い将来情報を基にした店舗開発

・国勢調査を活用して店舗開発の計画を立案している。
・店舗計画からオープンまでは2~3年かかるし、店舗は将来もそこで運営し続ける。

「未来統計」ならビジネスを行う将来のその場所の市場規模がわかる!

インフラ:将来の人口変動を見越した施設計画

・GISを活用して、通信アンテナや電話線、電力網、ケーブルテレビ、上下水道等の設備計画を行っている。
・数年先の人口変動を先取りして設備計画を行えれば、無駄のない投資ができて収益性の向上が目指せる。

「未来統計」なら設備計画を行う際に、将来のその設備の最適規模がわかる。

防災:防災計画の基準として将来の推計人口を活用

「未来統計」なら避難所の設置や備蓄計画など、将来の人口規模に応じた長期的な投資計画が立案できる。

データ仕様

出典 国勢調査
マンション物件情報
土地区画整理事業情報
データ形式 テキスト(CSV)形式またはTactician(弊社エリアマーケティングGISエンジン)フォーマット
データ集計単位 町丁・字(国勢調査調査区単位)
データ収録エリア 全国版/地方版
搭載項目 【項目一覧】未来統計2016年(5歳階級版)町丁目データ[295KB]

価格

購入価格(5歳階級人口)
購入価格(各歳人口付き)
全国版地方版全国版地方版
¥800,000 ¥400,000 ¥1,000,000 ¥500,000

※本ホームページに掲載されている価格は1PCライセンスの価格です。複数ライセンスの価格につきましてはお問い合わせください。
※本ホームページに掲載されている価格は税別価格です。別途消費税を申し受けます。
※本ホームページに掲載されている情報は2015年6月現在のものです。予告なく変更する場合がございます。

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)