ホーム > データラインナップ > センサスデータシリーズ > 国勢調査(その1)

国勢調査(その1)

国勢調査は総務省が5年ごとに調査する、国内に住む全ての人や世帯を対象にした最も基礎的・最大の統計データです。年齢・性別・住宅関連をはじめ約350項目を有し、消費者をターゲティングする際に必須のデータです。

データ概要

国勢調査は、我が国の人口の状況を明らかにするため、大正9年以来ほぼ5年ごとに行われており、平成22年国勢調査はその19回目に当たります。5年毎に簡易調査と本調査が交互に行われ、今回は本調査となっています。1km/500m/250mメッシュ版と町丁字(調査区単位)版の2種類があります。

活用事例

消費者をセグメントする国勢調査のデータ項目

国勢調査は最も基本的且つ国内最大のリサーチデータです。消費者を地域ごとにセグメントする際に有効なデータ項目が多く収録されています。
左の図はテーマや業態ごとのターゲット指標です。エリアマーケティングでは、自社のターゲット項目を如何に定義するかが最も重要です。
弊社では経験豊かな専門家が様々な分析手法を通じてご提案しています。

特徴的な3つの駅商圏の年齢構造

商圏分析の基本として、商圏の年齢構造を知ることは重要です。
左のグラフは、エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)MarketAnalyzer™を用いて特徴的な3つの駅を中心に半径500mの商圏を設定し、商圏内の年齢構造を表したものです。赤い折れ線グラフは各年齢層の構成比で、赤いグラフは2005年、青いグラフは2010年を示します。
■流山おおたかの森駅:30代と未就学児が多く、いわゆるニューファミリー商圏と定義できます。つくばエキスプレスが開通し、商業施設や住宅が供給され、外から流入してきた層です。2005年と2010年では年齢構造そのものが大きく変化しています。
■三軒茶屋駅:20代後半と30代前半がボリュームゾーンです。2005年(赤)と2010年(青)の年齢構成比を比較すると5年の差があるにもかかわらず重ねっています。これは人口が循環していることを表します。
■布佐駅:典型的な高齢化商圏と言えます。2005年当時の人口構造に変化なく2010年を迎え、商圏自体が高齢化していることがわかります。

データ仕様

出典 総務省統計局
データ形式 テキスト(CSV)形式またはTactician(弊社エリアマーケティングGISエンジン)フォーマット
データ集計単位 1kmメッシュ・500m・250mメッシュ
※250mメッシュデータの収録エリアは一部エリアとなります。
データ収録エリア 全国版/地方版/都道府県版
搭載項目

【項目一覧】国勢調査2010年メッシュ[167KB]
【項目一覧】国勢調査2010年町丁目(人口等基本調査)[124KB]
【項目一覧】国勢調査2010年町丁目(移動人口の男女・年齢等集計)[147KB]

地方版対象エリア

エリア名称収録都道府県
北海道 北海道
東北 青森/岩手/宮城/秋田/山形/福島
関東 茨城/栃木/群馬/埼玉/千葉/東京/神奈川/山梨
中部 長野/岐阜/静岡/愛知/三重/新潟/富山/石川/福井
近畿 滋賀/京都/大阪/兵庫/奈良/和歌山
中国・四国 鳥取/島根/岡山/広島/山口/徳島/香川/愛媛/高知
九州・沖縄 福岡/佐賀/長崎/熊本/大分/宮崎/鹿児島/沖縄

価格

購入価格
年間利用価格
全国版地方版全国版地方版
¥300,000 ¥150,000 ¥60,000 ¥30,000

※本ホームページに掲載されている価格は当社エリアマーケティング用GIS(地図情報システム)「MarketAnalyzer™シリーズ」1PCライセンスの価格です。複数ライセンスの価格につきましてはお問い合わせください。
※データ単体でのご検討の場合には別途お問い合わせください。
※本ホームページに掲載されている価格は税別価格です。別途消費税を申し受けます。
※本ホームページに掲載されている情報は201512月現在のものです。予告なく変更する場合がございます。

国勢調査(その2)

国勢調査データのオプションとして「通勤通学に利用する交通手段」と、居住地と通勤通学先の位置関係を表わす「従業地・通学地」項目を収録。「車利用が多いエリア」「職住接近エリア」などの仮設検証に役立ちます。

詳細はこちら

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)