この立地の商圏構造は、将来どう変化するのか!?

 商圏分析や立地評価はGIS(地図情報システム)の主要な活用分野のひとつです。
既存店の商圏特性を知った上で店舗のコンセプトを定義したり、新規出店候補地の商圏調査を行います。
 しかしながら商圏の構造は変化します。現状の人口動態を知るだけではなく将来の人口動態を分析し、商圏の変化を把握した上で戦略を策定し意思決定をすることが、これからのエリアマーケティングに求められています。

当社GIS「MarketAnalyzer™」は、商圏の将来を知るデータベースを搭載・分析することができます。

 

■推計将来人口データ ~コーホート推計法による将来人口~

国立社会保障・人口問題研究所が公表している広域の将来推計人口をもとに、国勢調査のエリアデータを用いて、2011年~2040年(2011年-2015年は1年ごと、2015年-2040年は5年ごと)の将来人口を全国の町丁・字、500mメッシュ・1kmメッシュなどの“小地域”単位で推計したデータです。5歳階級毎の年齢別将来人口も搭載しています。

 

■未来統計 ~社会変化を踏まえた将来人口~

「未来統計」は、コーホート法に加えて、土地区画整理事業や分譲開始予定のマンション情報など確定的な人口変動要因を組み込んで推計したデータです。データ作成時から5年先までの近未来の町丁字別男女各歳人口値を収録しています。

 

【推計概要】

1:2010年9月以降(前回の国勢調査実施時)に竣工したマンション情報を収集。
2:2010年10月1日以降に事業完了(換地処分完了)した土地区画整理情報を収集。
3:上記それぞれの人口の増加見込みを推計。

 

■お問い合わせはこちらから※「*」が付いてる項目は必須となります。
会社名
部署名
ご担当者名
電話番号
メールアドレス
その他ご要望 

個人情報保護方針