■商圏分析とは?


  

田園調布はお金持ちが多い、浅草は下町・・・このような土地勘をお持ちですよね?これがビジネスにおける仮説だとしたら、地域・商圏を客観的なエビデンス(データ)で裏付け・検証するのが商圏分析です。

 

GIS(地図情報システム)を用いれば、経験と勘だけではなくデータで意思決定を行うことができます。

 

■GISとは?


  

GIS(地図情報システム)はデジタル地図と人口や世帯などの統計データを搭載し、分析ポイントから半径◯◯kmや自動車◯◯分といった商圏を設定、商圏内のターゲット人口などを集計するソフトウェアやクラウドサービスの総称です。

 

当社GIS「マーケットアナライザー(MarketAnalyzer™)」は導入実績2,000社以上を誇り、商圏分析・エリアマーケティングに特化したGISです。

 

■マーケットアナライザー活用例


  

【新規出店時の商圏調査】

 候補地を地図上でクリックして半径や自動車到達圏の商圏を作成、ワンクリックで集計値を確認したりExcel形式の調査レポートを自動作成します。

【売上予測】

 ・ハフモデル分析:

競合店舗の魅力値と位置関係から自店への吸引力を算出。

・重回帰分析:

既存店の実績と商圏分析結果を用いて売上を予測するモデルを作成。

【提案営業】

メーカーや卸売業が小売店に棚割り提案を行ったり、診療所や介護施設の開業支援に商圏調査レポートを活用。

【販促効果測定】

折込チラシやポスティングの配布エリアを最適化。

 

■導入形態・価格


  

PCにインストールして利用するスタンドアロン型から、インターネットブラウザ越しに利用するクラウド型を選択いただけます。

 

様々な機能やデータを必要に応じて組み合わせることができ、38万円(税別)からのスモールスタートも可能です。

 

分析レベルやユーザー数に応じて段階的に拡張したり、社内システムと連携させたりすることもできます。

 

■まずはお問い合わせください!


  

こちらでご紹介しているのは一部です。お客様の課題をヒアリングさせていただき、担当のコンサルタントが最適な事例やシステム構成をご提案します。

 

 

デモンストレーションのご依頼や資料のご請求はこちらから