ホーム > インフォメーション > 【プレスリリース】「推計貯蓄階級別世帯数データ」最新版リリースのお知らせ

2016年4月26日

報道関係者様 お客様各位

 

「推計貯蓄階級別世帯数データ」最新版リリースのお知らせ

~地域の貯蓄構造の変化を地図に見える化~


 

技研商事インターナショナル株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:小嶌智海 以下「当社」)は、このたび「推計貯蓄階級別世帯数データ」の最新版をリリースしました。

本データは、総務省の「住宅・土地統計調査」に収録されている年収階級別・住宅の所有形態別世帯数の比率を算出し「国勢調査」に掛けあわせ、更に「家計調査年報」の年収階級別貯蓄高の分布にも掛け合わせることで作成しています。メッシュや町丁目単位で貯蓄高や純貯蓄高(注)、貯蓄(純貯蓄)階級別の世帯数などを収録しています。

本年3月にリリースした「推計年収階級別世帯数データ」と併せて分析すれば、地域ごとのフローとストックの状況を把握できます。

注:貯蓄とは預貯金・生命保険・有価証券などを指し、不動産は含みません。純貯蓄とは貯蓄から負債を差し引いた金額です。

 

ここで、本データの2010年版と今回の2014年版を用いて、東京・名古屋・大阪の市区町村を貯蓄高などでランキングした結果と貯蓄高マップを紹介します。

 

■世帯あたり貯蓄高ランキング(単位:万円)

全国1位は東京都千代田区で、2010年からの増減率も増えています。2位の福井県福井市とは500万円以上の開きがありました。香川県高松市は4位ですが、減少傾向にあります

 

 

■東京・名古屋・大阪の世帯あたり貯蓄高マップ

濃い赤は世帯あたりの貯蓄高が高い地域を表します。相対的に比較すると東京>名古屋>大阪という順に高くなっています。

東京 名古屋 大阪
拡大図ダウンロード 拡大図ダウンロード 拡大図ダウンロード

 

 ・出典:平成27年国勢調査 人口速報集計結果(総務省統計局)   (http://www.stat.go.jp/data/kokusei/2015/kekka.htm) 

 ・本資料は技研商事インターナショナルがエリアマーケティングGIS(地図情報システム)  「MarketAnalyzer™」を用いて作成・表現・加工したものです。

 

【MarketAnalyzer™について】 

MarketAnalyzer™は、エリアマーケティング・商圏分析専用のGIS(地図情報システム)で、地図上に様々な統計データ(人口、世帯、消費、年収など)を重ね、高度で探索的な分析を可能にします。2,000社以上の導入実績を誇り、新規出店時の商圏調査や既存店の販促など、様々な用途で活用されています。

 

【会社概要】 

 会社名:技研商事インターナショナル株式会社

 代表者:代表取締役 小嶌 智海

 所在地:〒461-0018 愛知県名古屋市東区主税町2-30 GSIビル

 設立 :1976年1月

 資本金:231,125,000円

 事業 :・エリアマーケティングGIS(地図情報システム)の開発、販売、サポート

     ・センサス/市場データ及び各種業界向けデータベースの開発、販売

     ・センサス/市場データ及び各種業界向けデータを用いたマーケティング支援、
      コンサルティング業務

     ・マーケティング分析プラットフォームによる情報提供・共有・連携サービス

     ・中国市場のマーケティング指標及び商圏分析レポートの提供・連携サービス

 URL : http://www.giken.co.jp/

 

<本件に関するお問い合わせ先>

技研商事インターナショナル株式会社 東京支店 マーケティング部 市川

TEL:03-3506-1800 FAX:03-3506-1807

お問合せフォーム  お問い合わせはこちら

ご相談・資料請求はお気軽にどうぞ!
無料で資料請求 ➤
GSI
 ☎ 03-3506-1800
(受付時間:9:30~18:00 祝祭日を除く)